(0)
2019年 08月 21日 ()
記者ブログ
記者・大草芳江が活動をつづります

2008年12月24日

仙台のクリスマス風景 2008

仙台のクリスマス風景といえば、まず思い浮かぶのが「SENDAI光のページェント」です。

081224_00.jpg

定禅寺通や青葉通のケヤキ並木を飾る電球数は、今年は約60万個。
ケヤキ数は197本とのことなので、ケヤキ1本当たりの電球は約3000個です。

今年で23回目を迎えた光のページェントは、
実行委員会を中心に、運営を市民ボランティアの手によって行う体制をとっており、
期間中250万人以上の人出がある仙台の冬の風物詩として、全国的にも知られています。

081224_07.jpg

期間は、12月12日~12月31日 17:30~23:00(31日は24:00まで)だそうです。

081224_08.jpg

ニュービートルも、クリスマス仕様に。

081224_09.jpg

西公園に保存展示してある国鉄C60形蒸気機関車1号機も、昨年からライトアップ。
ところで、なぜサッカーボールなのでしょう。謎です。

081224_10.jpg

C60形蒸気機関車には、いつでも中に入ることができます。

081224_14.jpg

定禅寺通に面するせんだいメディアテークでは、
光のページェントの関連イベントとして「光のひろば」が開催されていました。

081224_11.jpg

空間デザインを手がけたのは、仙台を拠点に国内外で活躍する
インテリア・空間デザイナーの尾形欣一さん。

「仙台ならではの木々」をイメージしたオブジェや、よく見てみると天井には大きなケヤキが。
約300個の風船は、ケヤキから差し込むこぼれ日をイメージしているそうです。

081224_12.jpg

風船のひもをひっぱると、仙台・宮城にゆかりのある文化人が選んだ
「お気に入りの仙台」を見つけることができるというしくみ。

081224_13.jpg

こちらは、東北楽天ゴールデンイーグルスの田中将大投手の「お気に入りの仙台」。

081224_15.jpg

こちらは、映画監督の岩井俊二さん(仙台一高出身)です。
他にも、歌人の俵万智さん、写真家の平間至さん、お笑い芸人のサンドウィッチマンなど。

仙台のお土産・牛タン屋口コミ紹介サイト「sendai bubbles(センダイバブルス)」でも、
「光のひろば」と連動したスペシャルコンテンツが公開されているようです。

調べてみると、仙台・宮城ゆかりの著名人は、意外と多いもの。
それでいて、仙台ではあまりそれが知られていないことが、逆に不思議です。

081224_01.jpg

所変わって、こちらは、市役所前の第一生命黒ビルB1にあるドイツ居酒屋「ブルネンハイム」。
クリスマスには、ここのドイツ料理(=日本人好みの味にアレンジ)が食べたくなります。
(ドイツ出身の知人は、日本のドイツ料理の方がうまい、と言っていました)

081224_02.jpg

お目当ては、ジャーマンポテト(690円)。
無性にこれが食べたくなる時があります。

081224_05.jpg

ブルネン風サラダ(790円)。
脂っこいので、野菜は欠かせません。

081224_03.jpg

ソーセージの盛り合わせ(グリル)。

081224_04.jpg

ザワークラウト。
以前ドイツ人の知人から頂いたものより、さっぱりとしていて食べやすいです。

仙台のクリスマス風景、今年は定禅寺通沿いのみでしたが、
クリスマスをキーワードに街を歩いてみても、面白い発見があるかもしれません。

来年は、クリスマスから見る仙台・宮城をテーマに、まだ知らぬ仙台・宮城を見つけたいです。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 仙台のクリスマス風景 2008

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://field-and-network.jp/mtos/mt-tb.cgi/5747






」 の最新記事



記者ブログ



カテゴリ


取材先一覧

■ 幼・小・中学校

■ 高校

■ 大学

■ 国・独立行政法人

■ 自治体

■ 一般企業・団体


宮城の新聞
仙台一高
宮城の塾
全県一学区制導入宮城県内公立高校合同説明会をレポ
宮城の人々