(0)
2019年 11月 19日 (火)
記者ブログ
記者・大草芳江が活動をつづります

2010年7月25日

鳴子の米・ゆきむすびが味わえる「むすびや」(宮城県大崎市)&川原毛温泉滝(秋田県湯沢市)へ行きました

カテゴリ:フォトギャラリー

一.おいしい食べ物、 二.美しい自然や文化、 三.良質の温泉。
この三拍子がそろった日は、私にとって、とても良い休日となります。
最近は、この3点セットを発掘すべく、東北をドライブするのが週末の楽しみです。

今週末は、(仙台にしては珍しいくらい)夏らしい夏だったので、
自然の中で水遊びをしようと、川原毛温泉滝(秋田県湯沢市)方面へ。

100725_00.jpg

途中、お気に入りのおむすび屋さん「むすびや」(鳴子温泉)に寄りました。
ここのおむすびは、お米が本当にとても美味して、いつもびっくりさせられてしまいます。

聞くところによると、地域の農業を地域で支える「鳴子の米プロジェクト」、
その鳴子のお米「ゆきむすび」が味わえるお店なのだそう。
注文すると、地元のおばちゃん方が、おにぎりをにぎってくれます。

100725_02.jpg

川渡温泉街と鳴子温泉街のちょうど間くらい、国道47号沿いにあります。
緑色の「鳴子の米プロジェクト」ののぼりが目印。
土日のお昼(午前11時30分~午後2時30分)だけの営業なので注意。

100328_01.jpg

こちらは、前回、まだ寒い時期に訪れた時いただいた「小昼らんち」(600円)。
※おにぎりは通常2個ですが、2個(おむすび単品120円~)追加しました。
※注意:一人で4つも食べていません。

100725_01.jpg

こちらは、夏季限定メニュー「冷やしむすび」(500円)。
塩むすびに、温泉水を注ぎ、すりごまやみそ漬けなどを加えるようです。
あまりお腹が空いていなかったので、これは次回の楽しみにとっておこう。

100725_05.jpg

↑ 懐かしのモンシロチョウ。ストロー(口吻)の曲げ方が器用でおもしろい。

後でゆっくり食べようと、おむすび単品を購入してお店を出たのですが、
おいしそうなおむすびを見たからか、なんだかお腹が空いてきました。

100725_07.jpg

ということで、ここはやはり「塩むすび」から。
一粒一粒の美味しさを味わっている感じです。

100725_08.jpg

続いて、新作の夏メ限定ニュー「生姜むすび」。
とても好みの味です。必ず近々リピートしようと決意。

100725_11.jpg

そして、「麹南蛮味噌焼き」。
こんなおいしいおにぎりを食べれるなんて、
なんてしあわせなんだろうと噛み締める。

100725_06.jpg

外で食べたので、さらにおいしく感じました。
このおいしさ、きっと東京では味わえまい。

100725_03.jpg

そして、鳴子と言えば、こけし。
道中で様々なこけしに出会えます。

100725_04.jpg

こけし型公衆電話ボックス。
昼は可愛らしいのですが、夜はライトアップされ、若干不気味な雰囲気に。

100725_12.jpg

そうこうしているうちに、川原毛温泉へ到着しました。
(鳴子温泉から川原毛温泉までは、車で1時間ちょっとです)

100725_13.jpg

新しく案内看板ができていました。
かつては日本最大霊山のひとつだったのですね。

川原毛地獄には、136の地獄のほか、極楽もあるそうです。
ただ、地図には極楽が明記されていません。本当に極楽はあるのでしょうか。

100725_14.jpg

目的地である「川原毛温泉滝」までは、駐車場から歩いて約15分。
この15分間が、多すぎず少なすぎず、ちょうど良い感じなのです。

100725_15.jpg

崖から下を眺めたときの、ちょっとしたドキドキ感も味わえます。

100725_16.jpg

木々の中を潜っていくような、ワクワク感も味わえます。

100725_18.jpg

きのこも生えていました。

100725_17.jpg

いかにも「食べてはいけない」色をしたきのこも。
若干かじられた痕跡がありますが、かじった張本人の運命はいかに。

100725_19.jpg

ほど良く自然を満喫した後、「川原毛温泉滝」が目に飛び込みます。
近すぎず遠すぎず、まるで計算し尽くされたアトラクションのよう。

100725_20.jpg

この温泉、なんと、滝そのものが温泉なのです。
約1km上流で湧出する温泉が沢水と合流し、20mの高さから流れ落ちてきます。
滝つぼや渓流は、すべて天然の露天風呂。これぞ本当の『滝の湯』ですね。

100725_21.jpg

お気に入りポイントは、この滝つぼです。

100725_22.jpg

このように、本物の滝で、打たせ湯もできます。
ただし、水流の強さと、強い酸性の為、目は痛くて開けられません。

ちなみに、私の個人的な温泉ランキングでは、
ホームグラウンドである鳴子温泉「滝の湯」を基準とすると、
(泉質、雰囲気、料金、訪れやすい距離、すべて文句なし)
今日の川原毛温泉滝も★★★で、堂々の1位です。

100725_23.jpg

しばらく楽しんで入浴していると、体中がヒリヒリしてきました。
pHを調べてみると、pH1.41。

ちなみに、先週訪れた蔵王温泉川原湯共同浴場はpH1.45
pHはほぼ同じですが、今日の川原毛温泉滝は40℃を切る程のぬるさでしたので、
長湯のせいで、肌へのダメージが強かったのかもしれません。

ということで、入浴適期は7月上旬から9月中旬まで。(それ以外の季節は寒い)
水着を持って、海だけでなく、温泉滝に出かけるのも、夏の最高の楽しみ方です。

これからも、東北ならではの休日の楽しみ方を見つけていきたいと思います。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 鳴子の米・ゆきむすびが味わえる「むすびや」(宮城県大崎市)&川原毛温泉滝(秋田県湯沢市)へ行きました

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://field-and-network.jp/mtos/mt-tb.cgi/9626





」 の最新記事



記者ブログ



カテゴリ


取材先一覧

■ 幼・小・中学校

■ 高校

■ 大学

■ 国・独立行政法人

■ 自治体

■ 一般企業・団体


宮城の新聞
仙台一高
宮城の塾
全県一学区制導入宮城県内公立高校合同説明会をレポ
宮城の人々