(0)
2019年 11月 22日 (金)
記者ブログ
記者・大草芳江が活動をつづります

2009年10月15日

日本技術士会全国大会を取材しました

カテゴリ:取材日記

社団法人日本技術士会(高橋修・会長)の第36回全国大会が15、16の両日、
「社会の安全・安心と技術士の役割」を大会テーマに仙台市で開かれています。

私は16日にパネリスト役として参加させていただくのに加えて、
報道としても2日間、参加させていただきました。

091020_1.jpg

中高生の皆さんは、「技術士」を知っていますか。

実は恥ずかしながら、技術士の方に『学都「仙台・宮城サイエンスデイ』へ
ご出展いただくまで、私は「技術士」を知りませんでした。

では、まわりはどうなのだろうと、試しに工学部の学生や研究者に聞いてみると、
「技術者と技術士、何が違うの?」「具体的に何をしているの?」という反応でした。
これまで出会う機会がないと、やはりなかなか馴染みがないものかもしれません。

そもそも技術士とは、弁護士などと同じ、俗に言う「士業(さむらいぎょう)」のひとつで、
日本技術士会発行の小学校高学年向けパンフレットによると、
「科学や技術の能力を持ち、その能力を活かして社会のために働く技術者のなかで、
国の試験に合格した人だけが使うことができる名称」とあります。

全国で活躍する約55,000人の技術士のうち13,400人が、日本技術士会の会員なのだそう。
(ちなみに同じ士業である弁護士は25,000人、税理士を含む公認会計士は77,000人)

私たちの生活のなかで直接出会うことはなくても、
技術士のひとつひとつの仕事の結果が、私たちの社会を構成する要素になっているはず。
技術士と社会との関係性を探る好機と捉え、日本技術士会の全国大会を取材しました。

詳しくは、後日記事にてご紹介するとして、ここでは当日撮影した写真を掲載します。

091019_12.jpg

来賓挨拶。写真は、奥山仙台市長。
来賓はほかに、川端文部科学大臣、三浦宮城県副知事、
宮崎東北農政局長、数井東北経済産業局長、青山東北地方整備局長。

91021.jpg

西澤潤一さんの基調講演「将来社会の見通しと科学技術の役割」
※西澤潤一さんへの『宮城の新聞』インタビュー記事はこちら

091016_06.jpg

それぞれの立場から見る「技術士の役割」について、
ご本人が出席された来賓の方から、コメントをいただきました。
宮崎東北農政局長からは、農林水産省という立場からのコメントを。

091016_07.jpg

数井東北経済産業局長からは、経済産業省という立場からのコメントをいただきました。

091016_08.jpg

交流パーティーにもご招待いただきました。

091016_03.jpg
091016_09.jpg


記事は後日、ご報告する予定です。もう少々お待ちください。

カテゴリ: 取材日記   (タグ:

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 日本技術士会全国大会を取材しました

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://field-and-network.jp/mtos/mt-tb.cgi/9005





記者ブログ



カテゴリ


取材先一覧

■ 幼・小・中学校

■ 高校

■ 大学

■ 国・独立行政法人

■ 自治体

■ 一般企業・団体


宮城の新聞
仙台一高
宮城の塾
全県一学区制導入宮城県内公立高校合同説明会をレポ
宮城の人々