(0)
2019年 11月 19日 (火)
記者ブログ
記者・大草芳江が活動をつづります

2009年9月24日

「文理の垣根超え、物理学者と哲学者が議論」記事を公開しました

カテゴリ:お知らせ取材日記

先月、東北大にて開催された『講演と討論の会』の取材記事を、公開しました。
◆文理の垣根超え、物理学者と哲学者が議論 東北大で討論会

本記事は、『宮城の新聞』の「科学って、そもそも何だろう?」特集と、
弊社で制作を担当する東北大学理学部物理系「泉萩会」HPとのタイアップ企画となります。

090914_01.jpg

東北大学GCOEプログラム「物質階層を紡ぐ科学フロンティアの新展開」と、
高エネルギー加速器研究機構名誉教授の中井さんが代表を務める
「学術文化同友会:アルスの会」との共催。

物理学者や哲学者ら約40人が参加し、
「学問・芸術と社会」をテーマに議論を交わしました。

実は、「アルス」というキーワードについて、
ぜひ取材したい、と思っていた矢先のことでした。

以前、JSTの小池さんを訪ねた際にも、「芸術と科学」の関係について触れていますが、
伊達宗行さんのエッセイ「アルスの崩壊」を拝見したことが、そのきっかけです。

産業革命まで、芸術と科学は一体のものであったという。
それはアルスと呼ばれており、それ自体が創造の中核であった。
それまでは、サイエンスも無ければアートも無かった。
しかし、その中から科学が異常なまでの成功を収め、
ひとり抜け出して産業に革命をもたらし、社会構造に重大な影響を与えた時、
アンチテーゼとしてアートが生まれた。アルスは分離され、崩壊したのである。
伊達宗行「アルスの崩壊」―理科教育の視点 東北大出版会会報 1997年3月 [PDF形式]

090914_02.jpg

行われた講演は、下記の通り。写真は、伊達宗行さんによる講演のようすです。

石川文康さん(哲学者、東北学院大学教授)による「カントと学問・芸術」
野家伸也さん(哲学者、東北工業大学教授)による「知の統合はいかにして可能か」
伊達宗行さん(物理学者、大阪大学名誉教授)の講演「アルスの形成と変容」
野家啓一さん(哲学者、東北大学教授)の講演「科学技術の転換点」

090914_03.jpg

その後、「アルスへの回帰」をテーマとしたパネル討論会が行われました。
その議論のようすは記事にまとめてありますので、詳しくは記事をご覧下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「文理の垣根超え、物理学者と哲学者が議論」記事を公開しました

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://field-and-network.jp/mtos/mt-tb.cgi/8016






記者ブログ



カテゴリ


取材先一覧

■ 幼・小・中学校

■ 高校

■ 大学

■ 国・独立行政法人

■ 自治体

■ 一般企業・団体


宮城の新聞
仙台一高
宮城の塾
全県一学区制導入宮城県内公立高校合同説明会をレポ
宮城の人々