(0)
2016年 09月 01日 (木)
記者ブログ
記者・大草芳江が活動をつづります

2010年3月24日

【番外編】世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道(和歌山・熊野古道)」へ①

カテゴリ:フォトギャラリー

せっかく関西を訪れたので、世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」にも足を伸ばしました。

100324_03.jpg

ところが、この世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」、
何度調べてみても、いまいち"ピン"と来ないのです。

どうやら世界遺産には、「文化遺産」と「自然遺産」があるらしいのですが、
世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」は前者に該当するもので、
「千年以上の歴史を持つ、広大な文化精神的な空間」とのこと。

「文化精神的な空間」、即ちそれは、目には見えないもの・・・。

つまり、何も知らずに行けば、単なる「社寺と山道」になってしまう危険性もあり。
様々な雑誌の紀行文等にも、「過度な期待はしないように」との暗なるメッセージが・・・。

「行き当たりばったり」では通用しなそうな気配に不安を感じながら、
まずは熊野(熊野三山と熊野古道)へ、大阪から車で向かいました。

100324_01.jpg

移動途中、大阪名物「かすうどん」なるものを初めて頂きました。
てっきり「天かす」かと思いきや、そうではなく「油かす」だと聞き、
ますます体に悪そうなイメージを抱いたものの・・・

100324_02.jpg

「油かす」とは、牛の小腸を脂が抜けるまで素揚げしたもの、とのこと。
これが意外と、外はカリカリ中はプルプルで香ばしく、美味でした。

さて、お話を世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」へと戻します。

sankeimap.gif
【引用】熊野大辞典

そもそも「紀伊山地の霊場と参詣道」とは、
紀伊山地(和歌山県・奈良県・三重県)の
3つの霊場(熊野三山、高野山、吉野・大峯)と、
そこに至る参詣道(熊野古道・高野山町石道・大峯奥駈道など)を
登録対象とする世界遺産(2004年~)です。

ポイントはどうやら、単なる「社寺と道」ではなくて、
「山岳信仰の霊場と山岳修行の道」という点(らしい)。

そう言えばちょうど、哲学者の野家さんへのインタビューをきっかけに、
そもそも日本人の宇宙観って何だろう?と、疑問に思っていた矢先のこと。

ということで、「山岳信仰」の原点(自然に対する畏敬の念)を五感で感じることで、
そもそも日本人とは何かを探れるような旅にしたい、と旅の目的を密かに設定。

その中でも今回は、これから滅多に行く機会のなさそうな、
熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)と、
そこに至る参詣道「熊野古道」を、メインルートに決めました。

100324_03.jpg

まずは熊野三山のひとつ、和歌山県新宮市にある「熊野速玉大社」へ。
この辺りに、自然崇拝の対象となった巨岩があると聞いていたのですが、
雨天の上、かなり暗くなってきたため、今日はあきらめることに。

100324_05.jpg

そのまま内陸に進み、熊野三山のひとつ「熊野本宮大社」がある田辺市本宮町へ。
写真は1889 年(明治22年)の大洪水で流されるまで社地だった大斎原(おおゆのはら)。
奥に見える大斎原の鳥居は、(高さが)日本一なのだそう。

100324_06.jpg

今日はもう暗いので、「熊野本宮大社」からほど近い川湯温泉へ。

100324_07.jpg

有名な「仙人風呂」の季節は終わったため、「岩風呂」に。
平日で雨天ということもあり、貸切状態。逆に幸運でした。
(ちなみに、民宿で水着を借りることができます)

100324_08.jpg

お料理上手で定評のある「温泉民宿 大村屋」の夕食。

100324_10.jpg

決して豪華な食材ではないのですが、味付けが素晴らしい。
味は濃くないのに(だしが効いていて)、不思議なくらいご飯がすすみました。

100324_11.jpg

手作りの梅酒もいただきました。
旅行記は、明日へと続きます。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 【番外編】世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道(和歌山・熊野古道)」へ①

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://field-and-network.jp/mtos/mt-tb.cgi/9347






記者ブログ


カテゴリ


取材先一覧

■ 幼・小・中学校

■ 高校

■ 大学

■ 国・独立行政法人

■ 自治体

■ 一般企業・団体


宮城の新聞
仙台一高
宮城の塾
全県一学区制導入宮城県内公立高校合同説明会をレポ
宮城の人々