(0)
2016年 12月 11日 (日)
記者ブログ
記者・大草芳江が活動をつづります

2009年9月25日

【九州出張】日本物理学会@熊本大学で弊社取組みを発表します

2009年9月25日~28日に熊本大学にて開催される、
日本物理学会2009年秋季大会発表のため、熊本を訪れました。

090925_11.jpg

「産学官による地域連携型科学イベント『学都仙台・宮城サイエンスデイ』の試み」
と題して、私は28日の領域13にて、口頭発表を行います。
(natural science の他のメンバーは、26日に発表予定)

滅多にない九州出張の機会ですので、墓参りに長崎へも寄り、30日仙台着の予定です。

090925_06.jpg

仕事の関係で、学会初日の本日が移動日に。
午前中に仙台出発、熊本到着は夕方でした。

090925_04.jpg

飛行機から眺める富士山

090925_08.jpg

加藤清正像

090925_10.jpg

熊本城は、「武者返し」という異名をもつ石垣が特徴的。

090925_12.jpg

夕飯は、同じ研究室出身で熊本在住の知人から、お勧めを紹介してもらいました。
古民家を改装した熊本で人気のダイニングレストラン「YOKOBACHI(ヨコバチ)」。
店内の奥に広がる中庭には、縁側の座敷が。せっかくなので、熊本らしいものを。

090925_13.jpg

熊本名物「人文字のぐるぐる」

090925_16.jpg

自家製からし蓮根(揚げたて)

090925_17.jpg

馬レバ刺

090925_15.jpg

(おそらく)馬スジ煮込み

090925_21.jpg

馬ひもの炙り焼き

090925_19.jpg

熊本の米焼酎「鳥飼」

090925_22.jpg

火鍋

090925_23.jpg

豚肉と野菜たっぷり

090925_24.jpg

〆に雑炊を。
美味しくてリーズナブル、満腹です。

九州の味付けは甘辛く(←私は好きです)、柚子胡椒の合う料理が非常に多かったです。
東北の味付けや素材とは、またタイプが異なるのだなぁと、改めて認識しました。

私は普段、あまり焼酎をいただかないのですが(宮城の日本酒が中心です)、
熊本の料理と米焼酎の相性には、とても驚きました。

宮城では少々「くどい」と感じた焼酎も、熊本では逆に「さっぱり」と感じました。
(私の場合、宮城では刺身など魚料理中心ですが、熊本では馬や豚など肉料理が中心に)

たとえ同じ飲み物であっても、その土地の食べ物と組み合わせることで、
互いにその美味しさがひき出されていくものなのだなぁと実感。

そして何よりも、やはり現地の人に案内してもらうのが一番ですね。
私も宮城・仙台を案内できるよう、日々自分たちの地域を見ていこう、と改めて思いました。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 【九州出張】日本物理学会@熊本大学で弊社取組みを発表します

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://field-and-network.jp/mtos/mt-tb.cgi/8045






記者ブログ


カテゴリ


取材先一覧

■ 幼・小・中学校

■ 高校

■ 大学

■ 国・独立行政法人

■ 自治体

■ 一般企業・団体


宮城の新聞
仙台一高
宮城の塾
全県一学区制導入宮城県内公立高校合同説明会をレポ
宮城の人々