(0)
2018年 11月 15日 ()
記者ブログ
記者・大草芳江が活動をつづります

2009年5月26日

仙台市教育委員会・教育長の荒井崇さんを取材しました

カテゴリ:取材日記

『宮城の新聞』では、「教育って、そもそもなんだろう?」をテーマに、
教育に関する様々な立場にある「人」を、インタビューしています。

これまでは、ご縁あって、いくつか県内高校を取材させて頂いておりましたが、
義務教育(小学校・中学校)に関する取材も、これから進めて行きたいと考えています。

090526_01.jpg

そこで本日は、仙台市教育委員会の教育長、荒井崇さんを取材しました。

荒井さんは2004年4月、総務省から出向。
環境局、子供未来局の局長を歴任し、07年度に教育長に就任。

先日の仙台市教育委員会への事前取材では、
仙台市教育委員会が抜本的な学力向上策として09年3月に打ち出した『確かな学力育成プラン』は、
目先だけでない、学力向上に必要なものとは何かを、教育長自ら教育現場に何度も足を運び、
1年半もの歳月をかけ準備してきたものだと伺いました。

そこで今回のインタビューでは、教育長である荒井さん自身が、
学校現場で実際に見て・聞いて・感じたことを中軸にお話を伺うことで、
『確かな学力育成プラン』がどのようなプロセスを経て生まれたかについて、お話を伺ってきました。

荒井教育長へのロングインタビュー記事は、6月に公開予定です。
もう少々お待ち下さい。

インタビュー後、学校教育部 教育指導課の堀越課長を訪ねました。

090526_02.jpg

堀越さんのお話によると、仙台市教育委員会では、
「健やかな心と体の育成」 「確かな学力の向上」 「仙台自分づくり教育の推進」
の3点を最重点事項として、教育活動の推進に取り組んでいるそうなのですが、

今年度からは「社会を支える25歳を目指して」をスローガンに掲げ、
中学校卒業から10年後の「25歳」での自立した姿をイメージした教育、
すなわち「社会的自立をした大人」を育てていく、と新たに位置づけたことが、
今回のポイントのようです。

仙台市教育委員会の学校教育への新たな取り組み、今後も継続取材をさせて頂く予定です。

カテゴリ: 取材日記   (タグ: , ,

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 仙台市教育委員会・教育長の荒井崇さんを取材しました

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://field-and-network.jp/mtos/mt-tb.cgi/7252





記者ブログ



カテゴリ


取材先一覧

■ 幼・小・中学校

■ 高校

■ 大学

■ 国・独立行政法人

■ 自治体

■ 一般企業・団体


宮城の新聞
仙台一高
宮城の塾
全県一学区制導入宮城県内公立高校合同説明会をレポ
宮城の人々