(0)
2019年 12月 11日 (水)
記者ブログ
記者・大草芳江が活動をつづります

2009年4月22日

物理学者の石井武比古さん(東京大学名誉教授)を取材しました

一般的に科学というと、
「客観的な完成されたもの」というイメージが先行しがちです。

しかしながらそれは、科学の一部であって、全体ではありません。

そこで、科学に関する様々な「人」へのインタビューを通して、
科学とはそもそも何かにせまる特集『科学って、そもそもなんだろう?』を、
『宮城の新聞」では、今年1月からスタートさせています。

ishii-san.jpg

今回は、東北大ご出身で、物理学者の石井武比古さん(東京大学名誉教授)を
インタビューさせて頂きました。

石井さんは、「放射光」がご専門。
(石井さんご本人は、大学の教務が専門だと仰っていましたが)

【放射光】
ほぼ光速で直進する電子が、その進行方向を
磁石などによって変えられた際に発生する電磁波を指す。

ishii-san_2.jpg

日本物理学会会長や、日本放射光学会会長を務められ、
定年退職後はタイで10年間、実験施設の建設や研究などの指導をされていたそうです。

今回のインタビューでは、石井さん自身の様々な体験談によって、
「科学って、そもそもなんだろう?」が浮かび上がる形になるかと思います。

記事は、5月中旬頃、公開予定となります。
もう少々お待ち下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 物理学者の石井武比古さん(東京大学名誉教授)を取材しました

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://field-and-network.jp/mtos/mt-tb.cgi/7039






記者ブログ



カテゴリ


取材先一覧

■ 幼・小・中学校

■ 高校

■ 大学

■ 国・独立行政法人

■ 自治体

■ 一般企業・団体


宮城の新聞
仙台一高
宮城の塾
全県一学区制導入宮城県内公立高校合同説明会をレポ
宮城の人々