(0)
2016年 06月 27日 (月)
記者ブログ
記者・大草芳江が活動をつづります

2008年1月24日

仙台一高・吹奏楽部を取材しました

カテゴリ:取材日記

仙台一高が今月26日、中学1年生を対象にした
化学部・吹奏楽部主催の体験教室を実施します。

平成22年度からの学区制度撤廃に向け、
今回の体験教室は、学校としては初の試みとのこと。

(※詳しくは、記事をご覧ください)
http://shinbun.fan-miyagi.jp/article/article_20080123.php

そこで今回は、主催部活のひとつである、
吹奏楽部顧問・菅野淳一先生にお話を伺ってきました。

■鳴らしていない音を味方につける秘密■

suisou-1.jpg

「音楽を奏でるとき、使うべきふさわしい音を"楽音"と言います。
この楽音を正確に出せるようになると、
少ない人数でも合奏を大きく鳴り出させることができるんです。
今回の体験教室では、空間の音を味方にする秘密に迫ります」

と吹奏楽部顧問の菅野先生。
けれども、正確な音をとると音がよく響く、というのは
一体どういうことなんでしょう?

「正確に音をとると、鳴らしていない音が鳴るんですよ。
"倍音"と言って、きちんとトレーニングをすることで、
豊かで大きく聞こえる音をつくることができるのです」。

仙台一高の吹奏楽部は、部員の大半が初心者であるにも関わらず、
全日本吹奏楽コンクール東北大会4年連続金賞(東北代表)、
東日本学校吹奏楽大会高校コンクール部門4年連続出場(金賞1回・銀賞1回)
などの実績を誇る実力派。

その実力の秘密は、「一言で言うと、音づくり」。
「料理に例えると、いいダシをとれれば、いい料理ができる。
いい音をつくると、いい音楽づくりに結びつくんです」。

今回の体験教室では、中学生に吹奏楽部員の音を聞いてもらいながら、
"楽音"を出すように心がける指導を実際に見てもらうことで、
同校の部活動への理解を深めてもらうのが狙いだそう。

「正しい音の高さを意識してトレーニングしている人は少ないようですが、
こういう大事なところを紐解いてあげて、日々の練習に興味を持ってもらうと、
本校の練習方法にも興味を持ってもらえるのでは」。

そこで実際に、"楽音"を出すトレーニングを見学させて頂きました。

080124.jpg

「はい、この音出してみて」
確かに、ひとつの音しか出していないはずなのに、
意識してみると、微かに別の音が鳴っているのが聞こえます。

「正確に音を合わせるのは大前提。
もうひとつの音を耳で拾いながら、意識して音づくりをします。
それを体が覚えてしまえば、こっちのものです」。

こうして豊かな音を生むための「音づくり」は、
毎日30~40分の練習の積み重ねで、つくられていきます。

「すべてはいい音楽をやりたいという気持ちから。
本当にステージで演奏することは楽しいですよ。
演奏後の生徒の顔は、ぜんぜん違いますから」。

昨今、教員の指導力不足が学校現場の課題として指摘されていますが、
「大学で専門を学ぶだけではなく、優秀な学校はなぜ上手なのかを
常に勉強している」という菅野先生の姿勢からは、
仙台一高に「具学具進」の精神が根付いていることを感じました。

また2月3日(日)には、イズミティ21(仙台市泉区)で
中学校も含めた県内5校による合同演奏会(入場無料)もあるそうです。
仙台一高吹奏楽部や"楽音"に興味のある方は、ぜひ遊びに行ってみて下さい。

■■■おには外ふくは内コンサート■■■

日 時:平成20年2月3日(日) [開場]14:15 [開演]14:30 [終演]16:15予定
会 場:仙台市泉文化創造センター イズミティ21 大ホール
入場料:無料
参加校:宮城県仙台第一高等学校・宮城県塩釜女子高等学校・
    仙台市立蒲町中学校・名取市立名取第一中学校・岩沼市立岩沼北中学校 各吹奏楽部
内 容:第1部 各学校ステージ
    第2部 選抜バンドによる合同演奏
問 合:宮城県仙台第一高等学校 吹奏楽部 (顧問:菅野淳一)
    電話:022(257)4501 FAX:022(257)4503

カテゴリ: 取材日記   (タグ: , , ,

トラックバック(1)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 仙台一高・吹奏楽部を取材しました

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://field-and-network.jp/mtos/mt-tb.cgi/188

の寒い日の3校時、32名の6年生と一人の教師が体操服姿にタオルを持って空き教室に集まりました。机はありません。 (more...) 続きを読む





記者ブログ


カテゴリ


取材先一覧

■ 幼・小・中学校

■ 高校

■ 大学

■ 国・独立行政法人

■ 自治体

■ 一般企業・団体


宮城の新聞
仙台一高
宮城の塾
全県一学区制導入宮城県内公立高校合同説明会をレポ
宮城の人々