(21)
2017年 05月 26日 (金)

仙台一高で部活体験教室 学区制度撤廃に向け、進路選択の参考に

2008年1月24日公開

宮城県仙台第一高等学校(北島博校長)は26日、県内中学校第1学年在籍の男女を対象にした、化学部・吹奏楽部主催の体験教室を実施する。平成22年度からの学区制度撤廃に向け、生徒たちの進路選択の一助として、同校への理解を深めてもらうのが狙い。

今回は青葉区、宮城野区、利府町の中学校の生徒計27人が来校する予定だが、希望者の半数以上は女子生徒が占める。仙台一高は平成22年度に共学化される予定で、「女子生徒の本校への関心の高さが窺え嬉しい」と学校関係者は頬を緩めた。

当日は、化学部では「圧力の不思議」をテーマに、加圧による発火や減圧による冷却などの演示実験や自家製アクセサリー作りを行う。吹奏楽部では「空間の音を見方にする」と題して、少ない人数の合奏を大きく鳴り出させるための秘訣を教える。

同校の化学部は、全国高校生理科科学論文大賞(神奈川大学主催)や全国高等学校理科・科学クラブ研究論文(工学院大学主催)等で優秀な成績をおさめるなどの実績をあげている。同じく吹奏楽部も、全日本吹奏楽コンクール東北大会4年連続金賞や東日本吹奏楽大会高校コンクール部門4年連続出場などの実績を誇る。

今回の体験教室は、化学部顧問の藤川卓志教諭の発案に、吹奏楽部顧問の菅野淳一教諭が賛同する形で実現した。これまで部活動単位での体験会は実施されていたものの、学校単位で、かつ文化系の部活体験教室は同校で初の試み。吹奏楽部顧問の菅野教諭は「中学生からどんな反応や評価があるか楽しみ。今回は化学部と吹奏楽部の主催だが、来年はうちも参加したいという部活が増えれば」と話した。

【大草芳江】

取材先: 仙台一高      (タグ: , , , , ,

▲このページのトップHOME


コラボレーション

ハワイ惑星専用望遠鏡を核とした惑星プラズマ・大気変動研究の国際連携強化)×宮城の新聞
東北大学工学系女性研究者育成支援推進室(ALicE)×宮城の新聞
宮城の新聞×東北大学理学部物理系同窓会泉萩会
KDDI復興支援室×宮城の新聞インタビュー
宮城の新聞×東北大学大学院 理学研究科 地学専攻 塚本研究室
宮城の新聞×生態適応グローバルCOE

おすすめ記事

【特集】宮城の研究施設

一般公開特集

【特集】仙台市総合計画審議会
参加レポート

仙台の10年をつくる

カテゴリ の記事一覧

同じ取材先の記事

取材先: 仙台一高 の記事一覧


▲このページのトップHOME

教育って、そもそもなんだろう?
最新5件



カテゴリ


取材先一覧

■ 幼・小・中学校

■ 高校

■ 大学

■ 国・独立行政法人

■ 自治体

■ 一般企業・団体


宮城の新聞
仙台一高
宮城の塾
全県一学区制導入宮城県内公立高校合同説明会をレポ
宮城の人々