(0)
2019年 08月 24日 ()
記者ブログ
記者・大草芳江がほぼ毎日活動をつづります

記者ブログ(大草 芳江):ひとり新聞社

2019年8月21日

ひとり新聞社「宮城の新聞」の大草よしえが仙台市議選に立候補

20190821.jpeg  平素より、ひとり新聞社「宮城の新聞」をご愛読いただき、誠にありがとうございます。記者の大草芳江(有限会社 FIELD NETWORK取締役、特定非営利活動法人 natural science理事)です。

 さて、私事で大変恐縮ではございますが、私・大草よしえは、このたび仙台市議会議員選挙(青葉区)に立候補いたしました。

 私は2005年に科学教育を志して東北大学大学院在学中に起業して以来、科学の"プロセス"を教育につなげる活動を実践してまいりました。『宮城の新聞』や『学都「仙台・宮城」サイエンス・デイ』等、皆様からの多大なるご理解とご協力のおかげで、形になったことも多くございました。一方で、民間の立場でできることとできないことの限界も、活動をすればするほど強く感じるようになっておりました。

 それは、自らのアイディアを形にして新たな価値を創造する力が今後ますます重要になる中で、日本の教育の仕組み自体が、もっと根本的に変わってくれなければ、いずれ科学技術創造立国の根本が崩れ、立ち行かなくなるのではないか、という強い危機感です。

 変化予測が困難な時代を前に、子どもたちが生まれ持つ知的好奇心を引き出し、創造性を育む科学教育を、家庭環境によらず、誰もが受けることができる仕組みを小中高校に創る必要があるのではないか。それを仕組みとして実現するためには、政策を立案できる議員という立場にまわり、実例を積み重ねながら実現していくしかないと痛感し、このたび立候補を決意した次第です。もしよろしければ、下記のサイトを御覧ください。

大草よしえ これまでの活動と実現したいこと
http://www.yoshie-ohkusa.info

 私としては、今回の選挙結果の如何に関わらず、次のステージとして、そのような方向性で努力を積み重ねてまいりたいと存じます。これまでは個人の想いをベースに活動をしてまいりましたが、今後、教育の仕組みづくりとなれば、実現のための体制を構築し、より多くのご視点からご意見をいただきながら、よりよい仕組みをつくっていく必要があると考えておりますので、ぜひご意見をいただけましたら幸いです。

 なお、今回の当方の選挙活動は、一般的な街頭演説や選挙カー等による不特定多数の方に向けた発信ではなく、この科学教育問題にご関心を持っていただけそうな方に、当方の趣旨を直接お伝えするため、メール等で趣旨を直接お伝えする選挙活動を行っております。もしご関心を持っていただけましたら、上記のWebサイトをご覧いただけましたら幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリ: おもうこと ひとり新聞社  


2009年3月11日

東北大SAから、「Science Angel Book」が届きました

カテゴリ:ひとり新聞社

東北大学の理系女子大学院生からなる「サイエンス・エンジェル(SA)」から、
3年間の活動の集大成である『Science Angel Book(SABook)』が届きました。

090313_01.jpg

SAの皆さんには、これまで何度も「宮城の新聞」の取材でお世話になりました。

続きを読む...



2009年2月15日

「もしかして、宮城の新聞さんですか?」

カテゴリ:ひとり新聞社

先日、仙台商工会議所主催トークセッション「eタウンバスで仙台を元気に!!」の
取材で会場を訪れたとき、とある新聞社の記者さんから、こう声をかけられました。

続きを読む...

カテゴリ: ひとり新聞社  


2009年2月 4日

キャンパスベンチャーグランプリ東北2008を取材しました

カテゴリ:ひとり新聞社取材日記

3日、ホテルメトロポリタン仙台(仙台市青葉区)で行われた、
学生によるベンチャービジネスのアイデアや事業プランを競い合うコンテスト
「第4回キャンパスベンチャーグランプリ東北」 (CVG東北)の表彰式を取材しました。

090204_05.jpg

実は、私が座っているこの席・・・

続きを読む...



2009年1月 1日

謹賀新年

カテゴリ:ひとり新聞社

090101.gif
 
謹賀新年

 お健やかに佳き新春をお迎えのことと存じます。
 昨年中は格別のお引き立てを賜りまして、厚く御礼申し上げます。
 本年もなにとぞよろしくお願い申し上げます。

 平成二十一年元旦

続きを読む...

カテゴリ: ひとり新聞社   (タグ:


2008年12月30日

「自分」へのインタビュー 2008

カテゴリ:ひとり新聞社

2008年も残すところ、あと1日となった。
1年に1度くらいは、「自分」を振り返ってみても、良いかもしれない。

そこで、「自分」のスタンスを対象化すべく、「自分」へのインタビューを試みた。
以下が、そのやりとりである。

続きを読む...

カテゴリ: ひとり新聞社   (タグ:


2008年2月29日

ギュンター・グローザー ドイツ外務省欧州担当国務大臣の講演会・懇談会に参加してきました

カテゴリ:ひとり新聞社

080229-01.jpg

ドイツ連邦共和国外務省欧州担当国務大臣 Gunter Gloser氏の
講演会と懇談会にお誘い頂き、早速、参加してきました。

「EUと日本 ― グローバルな責任を担うパートナー 
北海道洞爺湖サミットを前に」をテーマに、約1時間半の講演。

その講演時間の約半分を、質疑応答にあてるというスタンスに、
EUらしさを感じます。

We Japanese always make "Peace sign" when posing for a picture.
Give me a pose!

080229-06.jpg080229-05.jpg080229-08.jpg

一番左が、グローザー ドイツ外務省欧州担当国務大臣です。
ピースの向きが逆なのが、少し気になりますが。
(ピースの意味は、ちゃんと伝わったのでしょうか・・・)

続きを読む...

カテゴリ: ひとり新聞社   (タグ: , ,


2008年2月21日

初・「記事」被引用!

カテゴリ:ひとり新聞社

ひとり新聞社である「宮城の新聞」(WEB版)創刊から、早1ヶ月。

今週創刊したばかりの宮城県の広報誌
「みやぎの人材育成通信 JIN-TSU」に、
「宮城の新聞」を「関連記事」としてご紹介いただきました。

head.gif

みやぎの人材育成通信 JIN-TSU

続きを読む...

カテゴリ: ひとり新聞社  


2008年2月 6日

「宮城の新聞をください」

カテゴリ:ひとり新聞社

昨日の河北新報夕刊1面に、弊社取組みが紹介されました。

「マイナースポーツ」地域活性化に一役 仙台でイベント (河北新報社)
http://jyoho.kahoku.co.jp/member/backnum/news/2008/02/20080205t15045.htm

2008_02_05.gif

それに伴って、弊社パブリシティも増えていきます。

■FIELD AND NETWORK パブリシティ
http://www.field-and-network.jp/act/act_publicity.php#k080205

弊社の場合、自分たちで説明しても、
どのような会社かが相手にうまく伝わらない部分も多いので、
このように第三者の方から説明して頂くと、有難いなぁと毎回思います。

(もちろん自分で説明する努力は怠りませんが、
他者でなければ説明できない部分もあるような気がします)

続きを読む...

カテゴリ: ひとり新聞社   (タグ:


1

記者ブログ



カテゴリ


取材先一覧

■ 幼・小・中学校

■ 高校

■ 大学

■ 国・独立行政法人

■ 自治体

■ 一般企業・団体


宮城の新聞
仙台一高
宮城の塾
全県一学区制導入宮城県内公立高校合同説明会をレポ
宮城の人々