(0)
2019年 10月 14日 ()
記者ブログ
記者・大草芳江が活動をつづります

2010年4月26日

地球物理学の中澤高清さん(東北大教授、2009年紫綬褒章受章)をインタビューしました

カテゴリ:取材日記

弊社でホームページの制作・運営を担当させていただいている、
東北大学理学部物理系同窓会「泉萩会」の取材・ライティングのお仕事で、
東北大学理学部教授の中澤高清さん(地球物理学)をインタビューしました。

なお、東北大学理学部物理系同窓会「泉萩会」の取材コンテンツは、
「宮城の新聞」の「科学って、そもそもなんだろう?」特集とのタイアップ企画となります。

100426_01.jpg

さて、今では知らない人はいない「地球温暖化」ですが、
約30年前、まだ地球温暖化に対する認識が薄かった当時から、

温室効果化ガスの地球規模の循環について、世界に先駆けて研究し、
地球温暖化の解明に取り組んできた先駆者が、中澤さんです。

2009年には、秋の紫綬褒章も受章されています。
そんな中澤さんが、リアルに感じる科学とはそもそも何かを伺ってきました。

わたしたちは地球に住んで(いると頭では知って)いますが、
とは言え、地球というスケールの対象を、実感を伴って感じられる機会は、
わたしたちの普段の生活の中で、そう多くはありません。

ところが中澤さんは、地球規模の温室効果ガスの循環について、
30年間ずっと観測する中で、時間的・空間的な変化を実感しているそう。

それを「人間が地球を動かし、地球も応答している」と、
中澤さんが表現していたことが印象的でしたね。

ほかにも、地球規模で観測データを集めるために、
前例のない手段を編み出したお話など、いろいろな興味深いお話を伺いました。

詳しくは、後日公開予定のインタビュー記事にて、ご紹介します。
もう少々お待ちください。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 地球物理学の中澤高清さん(東北大教授、2009年紫綬褒章受章)をインタビューしました

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://field-and-network.jp/mtos/mt-tb.cgi/9419





記者ブログ



カテゴリ


取材先一覧

■ 幼・小・中学校

■ 高校

■ 大学

■ 国・独立行政法人

■ 自治体

■ 一般企業・団体


宮城の新聞
仙台一高
宮城の塾
全県一学区制導入宮城県内公立高校合同説明会をレポ
宮城の人々