(0)
2019年 11月 19日 (火)
記者ブログ
記者・大草芳江が活動をつづります

2010年3月21日

【番外編】岡山市・倉敷市へ

カテゴリ:フォトギャラリー

特別講演会@日本技術士会・近畿支部(大阪市)、
日本物理学会・年次大会@岡山大学(岡山市)、
親戚旅行@岡山(岡山市・倉敷市)など、
不思議なくらい様々な用事が重なりまして、
20日から近畿・中国地方へ行ってきました。

起業以来(もう5年になります)、やっと一段落した気分なので、
久しぶりに観光も兼ねて、いろいろなところへ足を伸ばしました。

倉敷在住の従姉妹に案内してもらい、親戚一同で岡山市・倉敷市へ。
岡山と言えば、「桃太郎ときびだんご」「大原美術館」「天領だった倉敷」くらいしか知りません。
せっかくなので、岡山市・倉敷市で撮影した写真を、少しご紹介します。

100320_01.jpg

まずは岡山名物の郷土料理「備前ばらずし」なるものを、「福寿司」でいただきました。
一見すると「ちらし寿司」のようにも見えますが、どうやら「ばらずし」は別物らしいのです。

100320_02.jpg

こちらが、本日の素材。
ちらし寿司のように、にぎり寿司の具をそのまま使うわけではなく、手間隙かけて、
十数種類の海の幸と三十数種類の山の幸、それぞれ上品な味付けがされていました。
ごまかさずに、丁寧につくっていることが伝わる、素材を生かす優しい味でした。

100320_03.jpg

ばらずしにも入っていた「黄ニラ」のお味噌汁。
黄ニラは、岡山の代表的な特産物のひとつ、とのこと。

100320_04.jpg

お刺身の上盛合せ。
「さわら」や「ひら(←初めて聞きました)」など、地魚たっぷり。

100320_05.jpg

珍しい、さわらのからすみ。
(普通のからすみは、ボラの卵巣でつくります)

100320_06.jpg

↑ さわらの中落ちの塩焼き。
↓ さわらのかぶと焼き。 (さわらって、こんな顔をしているのですね・・・)

100320_07.jpg

新幹線で「柿の葉寿司」を食べてしまったことを後悔。
ぜひ次回は、お腹を空かせて、また来たいお店となりました。

100320_11.jpg

お次は、吉備津神社へ。
(写真中央奥に、国宝の本殿がほんの少しだけ見えます)

100320_08.jpg

岡山といえば、桃太郎ときびだんご。
吉備津神社は、桃太郎伝説のモデルなどで知られている神社なのだそう。
(岡山土産きびだんごの「きび」は、「黍」と「吉備」の意だったのですね)

100321.jpg

本殿に続く、長い瓦ぶきの回廊。

100320_10.jpg

回廊には、袴姿の高校生がたくさん。どうやら境内に弓道場があるよう。
後に知ったのですが、吉備津神社は弓にゆかりの深い神社らしいです。

100320_12.jpg

お次は、備中国分寺五重塔へ。
お散歩やサイクリングが気持ちよさそうな、のどかな田園風景の中にありました。

100320_13.jpg

桜も少しだけ、咲いていました。

100320_17.jpg

岡山市から倉敷市へ移動して、宿泊は「倉敷国際ホテル」へ。

100320_29.jpg

レトロな灯りが、楽しい。

100320_18.jpg

ロビーには、棟方志功の大版画。

100320_19.jpg

ホテルは、倉敷美観地区にありました。

100320_21.jpg

夕食は、ホテル直営店のレストラン「亀遊亭」で。

100320_22.jpg

岡山の地ビール「独歩」。
美味しかったので、次の日もいただきました。

100320_23.jpg

前菜やスープなど。

100320_24.jpg

網焼きステーキが自慢のお店、とのことでした。
ほかに、デザート盛り合わせ。

100320_20.jpg

倉敷美観地区で、ちょうど「倉敷春宵あかり」というイベントが。

100320_25.jpg

和傘が灯りで照らされていたり、

100320_26.jpg

ワークショップが行われていたり、

100320_28.jpg

あんどんで足元が照らされていたり。

100320_27.jpg

倉敷観光WEBサイト」からも、観光に力を入れていることが伺えますね。

100320_30.jpg

祖母の長崎土産・からすみを日本酒で。
「美味しい」と祖母に伝えたところ、「覚えておく」との返事に、格好良さを感じました。
そんな祖母も、もう少しで80歳。もう少しで曾祖母ちゃんになります。

100321_01.jpg

ご馳走続きですが、一夜明けて、倉敷国際ホテルの朝食(バイキング)。

100321_02.jpg

特に、「蒜山ジャージーヨーグルト」が美味しかったです。

100321_03.jpg

以前から行きたかった大原美術館も、ホテルのすぐ隣でした。
とても良かったので、またゆっくりと鑑賞したいです。

100321_04.jpg

岡山には「デミカツ(ドミカツ)丼」なるご当地グルメがあるそう。
叔母の強い希望で訪れたデミカツ丼発祥の店「野村」には、お昼を過ぎても行列が。

100321_05.jpg

デミカツ丼と通常のカツ丼、食べ比べできる孫膳(945円)を選択。
2種類で1食分のボリューム。ちなみにデミカツ丼のデミはデミグラスソースの意。
まさに洋食と和食、全く違う方向性の食物を食べている感じでした。

100321_06.jpg

お腹一杯なので、なるべく歩きます。
ふと見ると、マンホールにも、桃太郎。

100321_08.jpg

昼食後は、日本三名園の後楽園へ。
いろいろな見所があるので、探検気分で楽しい。

100321_10.jpg

こちらは、茶畑。
藩主が飲むお茶も、ここでつくられたのですね。
今でも毎年五月には、茶つみ祭が行われるそう。

100321_11.jpg

井田(せいでん)。

100321_12.jpg

水路を流れる水は、不思議なほど澄んでいました。
長く伸びた藻が、まるで魚のように泳いでいて、
魚の泳ぎとどう関係しているのだろう?と不思議に思いました。

100321_13.jpg

唯心山からの眺め。

100321_14.jpg

蘇鉄畑もありました。ここだけ南国ムード。

100321_15.jpg

桜の花が少しだけ咲いていました。
唯一花のない季節の後楽園に、来たような気がしなくもありません。

100321_16.jpg

曲水に板を渡した八橋。
渡るのが楽しいです。

100321_17.jpg

八橋からのぞくと、水底に不思議な模様が。
どうやら、タニシ(?)が歩いた跡のよう。

100321_18.jpg

建物の中に水路がある、流店(りゅうてん)。
休憩所として使われていたそう。粋ですね。

100321_19.jpg

茶畑隣のお茶屋さんで一休憩。
抹茶と、後楽園限定のあん入り・きびだんごをいただきました。

100321_20.jpg

タンチョウもいました。
雄と雌で、歩き方が全然違うのですね。(雄は一生懸命エラそうに歩いていました)
ちなみに、タンチョウの餌は、生きたドジョウでした。

100321_21.jpg

「フルーツパフェを食べたい!」と熱望していた叔母と母は、時間のため帰宅。
代わりにと言っては何ですが、しっかりとフルーツパフェを食べてきました。
(岡山在住の従姉妹によれば、おすすめは桃やブドウとのことですが、今は苺です)

後で調べてみたところ、この「フルーツパフェの街おかやま」という、
岡山県産フルーツを使った新作パフェを一斉に売り出す取組みは、
「フルーツ王国=岡山」をアピールしようと、岡山商工会議所が
昨年から始めたもののようです(意外と最近なのですね)。

観光客としては、「その土地ならではのものを楽しみたい」と願うものの、
わかりやすい目印がなければ、認識しないまま過ぎ去ってしまうことも多いため、
(特に時間が限られている時は)このような取組みは、意外と重宝するものですね。

旅行記は、続きます。

カテゴリ: フォトギャラリー   (タグ: ,

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 【番外編】岡山市・倉敷市へ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://field-and-network.jp/mtos/mt-tb.cgi/9342






記者ブログ



カテゴリ


取材先一覧

■ 幼・小・中学校

■ 高校

■ 大学

■ 国・独立行政法人

■ 自治体

■ 一般企業・団体


宮城の新聞
仙台一高
宮城の塾
全県一学区制導入宮城県内公立高校合同説明会をレポ
宮城の人々