(0)
2019年 11月 22日 (金)
記者ブログ
記者・大草芳江が活動をつづります

2009年11月30日

「仙台版・学校評価シンポジウム」を取材しました

カテゴリ:取材日記

「宮城の新聞」では、「教育って、そもそもなんだろう?」をテーマに、
実感が伴う身近な要素から、教育とはそもそも何かを可視化すべく、取材を行っています。

091130_00.jpg

本日は、仙台市教育委員会よりご案内いただき、
太白区文化センター楽楽楽ホールにて開催された、
「仙台版・学校評価シンポジウム」を取材してきました。

そもそも「評価」とは、何らかの価値基準に照らし合わせて、その意義・価値を決めること。
そこで現在、行政側が、そもそも「学校評価」をどのように位置づけているかに、
教育のこれまでとこれからが見えるのではないか、という期待から、取材を行いました。

091103_01.jpg

シンポジウムでは、「子供たちのよりよい姿の実現と学校評価」を演題に、
千葉大学教授の天笠茂さんが、講演を行いました。

天笠さんは、文部科学省教育研究企画協力者会議委員や、
中央教育審議会教員養成部会専門委員などを務めているそうで、
ご専門は、学校経営、教育経営学、カリキュラムマネージメントとのこと。

091130_01.jpg

講演会に続いて、「学校・家庭・地域をつなぐ学校評価」をテーマに、
パネルディスカッションが行われました。

詳しくは、後日記事にてご報告いたします。もう少々お待ちください。

カテゴリ: 取材日記   (タグ: ,

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「仙台版・学校評価シンポジウム」を取材しました

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://field-and-network.jp/mtos/mt-tb.cgi/9131





記者ブログ



カテゴリ


取材先一覧

■ 幼・小・中学校

■ 高校

■ 大学

■ 国・独立行政法人

■ 自治体

■ 一般企業・団体


宮城の新聞
仙台一高
宮城の塾
全県一学区制導入宮城県内公立高校合同説明会をレポ
宮城の人々