(0)
2019年 11月 22日 (金)
記者ブログ
記者・大草芳江が活動をつづります

2009年9月17日

新東総業専務取締役の新田さんと額田さんを訪ねました。

カテゴリ:取材日記

本日は、新東総業専務取締役の新田さんを訪ねました。

090917_01.jpg

左から、新田さんと、額田さんです。

新田さんには以前、『宮城の新聞』ロングインタビューで、
そのスタンスについて、お話を伺っています。

◆「そうだね、できないね」って言ったら、それで終わり。死ぬまで俺は求め続ける。
 新田秀悦さん (新東総業専務取締役、仙台商工会議所青年部会長)

新田さんへのインタビューでは、
経営者の立場から、教育に対して思うこともお話いただきました。

記事を読んだ県教委の方々からも、
経営者の視点から見る高校教育のあり方について、意見を求められたそう。

『宮城の新聞』取材活動をする度に感じるのは、それぞれの社会的な立場によって、
思考と行動の前提となるところは、非常に多様だということです。

経営者の立場だからこそ見える、「社会って、そもそもどういうもの?」という視点。
経営者と教育者との対談など、立場が異なる方々とのコラボもおもしろそうですね。

090917_02.jpg

そして額田さんからは、2006年度に理事長を務めていた
社団法人仙台青年会議所についてのお話を伺いました。

そもそも「青年会議所(JC)」とは、公益事業を実施する社団法人で、
40歳までの青年経済人によって構成されています。

注)新田さんが会長を務めていた「仙台商工会議所青年部」とは、また別の組織なのだとか。

額田さん曰く「世界の恒久平和」を目的にして、
『修練』『奉仕』『友情』の三信条のもと、
「明るい豊かな社会の実現」を目指しているそうです。

かの仙台七夕花火祭も、仙台青年会議所の事業のひとつ。
「青年の学び舎」的な位置づけでもあるそうで、
活動を通して、器のバランスを鍛えていく側面もあるそう。

近いうちに、JCにもお伺いしようと思います。
まだまだ知らない組織が、近くにたくさんあるのですね。
このようなご縁をきっかけに、どんどんいろいろなところへ足を運びたいと思います。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 新東総業専務取締役の新田さんと額田さんを訪ねました。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://field-and-network.jp/mtos/mt-tb.cgi/7992





記者ブログ



カテゴリ


取材先一覧

■ 幼・小・中学校

■ 高校

■ 大学

■ 国・独立行政法人

■ 自治体

■ 一般企業・団体


宮城の新聞
仙台一高
宮城の塾
全県一学区制導入宮城県内公立高校合同説明会をレポ
宮城の人々