(0)
2019年 07月 19日 ()
記者ブログ
記者・大草芳江が活動をつづります

2009年8月29日

異業種交流会「インタークラブ」に、ゲストとして参加させて頂きました

カテゴリ:取材日記

昨日は、異業種交流会「インタークラブ」に、ゲストとして参加させて頂きました。

090828_01.jpg

インタークラブとは、平成3年に発足した異業種交流会。
(その当時、国や県の施策として、そのような流れがあったそう)

異業種の集まりから、新しいものの創造を目指す会で、
これまで実際に商品が生まれたこともあるそうです。

活動の中心は、勉強会や懇親会。
異業種ということで、それぞれの発想の違いが刺激になるとのことでした。

懇親会に参加していた7社の皆さんは、業種もバラバラ。
もっとお話を伺いたいところでしたが、あっという間に終了の時間に・・・

またの機会に詳しくお話を伺えると良いのですが、今回は事前取材ということで、
簡単ではありますが、今回参加された方のご紹介をしたいと思います。

大和電設工業株式会社相談役の齊藤さん

電気通信設備の建設をメインに、
電気設備の建設、コンピュータシステムの開発等を行っているそうです。

病院給食管理システムなどのオリジナル商品も開発しており、
全国各地の病院等で好評を得ているそうです。

エヌピーエス代表取締役社長の柴田さん

社名の「エヌピーエス」は、「new produce system」の頭文字をとったもの。

事務消耗品等の経費削減や、効率的なコンピュータの運用など、
企業ごとのスタイルに合わせて、コーディネイトをしているそうです。

日本フィルター工業 多賀城工場工場長の藤原さん

日本フィルター工業は、JT(日本たばこ産業)の子会社。
タバコのフィルターを製造しているそうです。

藤原さんは、「人生の先輩から、勉強できる」と、
このインタークラブを楽しみにしているそうです。

コウユウ代表取締役の庄司さん

産業廃棄物の処理や、大型設備機器の解体・除去処理などを行っているそうです。
サイトにも、「捨てること」を「文化社会と自然との接点」と位置づけ科学している、とありますが、
新しい廃棄物処理のあり方にチャレンジし、いろいろな試みを行っているそうです。

エンジニア・サイエンス取締役部長の畠山さん

コンピュータを使った様々なシステムの提案・納品を行っているそうです。
どうやらインタークラブに皆さんをお誘いしている方のようです。とても気さくな方でした。

豊洋電子精機代表取締役の豊川さん

電子回路技術とメカトロ技術に取り組む、開発型のものづくり企業。
時代の要求に合わせて、いろいろな種類の製品を開発しているそうです。

最近、大学等と共同研究しているという、商品化手前の試作機についても、
(ターゲット細胞と正常細胞の致死温度の差を利用して、
ターゲット細胞をピンポイントに冷やして壊死させる装置など)
興味深いお話を、詳しくご紹介いただきました。

新東北化学工業代表取締役の松本さん

ゼオライト(=沸石類と呼ばれる鉱物の総称)の持つ、様々な機能を活かした製品を開発。
学都「仙台・宮城」サイエンス・デイ』にもご出展いただいています。

湿気を吸ったり吐いたりして室内の湿度を平均化する
吸収性建材というジャンルを国内外で初めて確立。
吸収性ゼオライト内装材の生産高日本一を誇っています。

他にも、今回はご欠席の三名を含めて、いろいろな企業さんが、
いろいろな取組をされているのだな、と改めて感じました。

ただ、正直に申し上げますと、今回「ぜひ取材を」とのお話を頂いていたにもかかわらず、
楽しくお酒を飲んでいたためか、途中から、記憶が少々曖昧なのが悔やまれるところです。

お酒を頂戴しながらの取材、私にとって少々難易度が高い課題となりました・・・
次の作戦を考えたいと思います。

カテゴリ: 取材日記   (タグ:

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 異業種交流会「インタークラブ」に、ゲストとして参加させて頂きました

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://field-and-network.jp/mtos/mt-tb.cgi/7889





記者ブログ



カテゴリ


取材先一覧

■ 幼・小・中学校

■ 高校

■ 大学

■ 国・独立行政法人

■ 自治体

■ 一般企業・団体


宮城の新聞
仙台一高
宮城の塾
全県一学区制導入宮城県内公立高校合同説明会をレポ
宮城の人々