(0)
2019年 07月 23日 ()
記者ブログ
記者・大草芳江が活動をつづります

2009年6月30日

根井寿規さん(東北経済産業局長)を取材しました(第3回目)

カテゴリ:取材日記

わたしたちの近くにあって、本来ならそこにあるものなのに、その関係性を実感しにくい。
けれども、そのような関係性の集合が、わたしたちの社会です。

ただし、教科書に載っている事実をそのまま勉強しても、なかなか実感がわきません。

そこで、『宮城の新聞』では、「人」を通すことで、実感を伴いながら、
「社会ってそもそもなんだろう?」を探っていければと考えています。

090630_01.jpg

本日は、東北経済産業局長の根井寿規さんインタビューシリーズ、第3回目に伺いました。

わたしたちは日本という国に住んでいますが、
普段の生活において国を実感する機会はそう多くはありません。

国の行政機関のひとつに経済産業省がありますが、
そもそも経済産業省とは何かを、教科書的な知識にとどまらず、
実感を伴って理解していくには、どうすればよいでしょうか。

第1回目は、経済産業省東北経済産業局長の根井寿規さんという「人」を通して、
「経済産業省とはそもそも何か」をテーマに、その一側面をお話頂きました。

第2回目は「政策の対象となる東北を、まずは知る」という前回の取材内容を踏まえた上で、
根井さんの東北行脚の感想を中心に、東北の経済・産業の「今」を伺ってきました。

これまで計2回の取材では、「現場」を重視する根井さんのスタンスが、
仕事のやり方や、生き方の軸となっていることが伝わってきました。

そこで第3回目となる今回は、
根井さんの「現場」を重視するスタンスが、一体どこからやってきたのか。
イラクでのご経験(※)も含めて、生き方の軸となった原点について、お話を伺ってきました。

※根井さんは、イラク戦争直後日本政府を代表し、イラク暫定施政当局に3名の
 外交官チーム(故奥大使、故井上一等書記官とともに)の一員として派遣。

記事は、7月に公開予定です。
もう少々お待ち下さい。

また、今週末の『学都「仙台・宮城」サイエンス・デイ』では、
7月4日(土)18時から、東北大学片平さくらホールにて、
根井寿規さんをゲストに迎え、「科学と社会」意見交換・交流会(特別編)を開催致します。

「科学と社会」意見交換・交流会とは、「科学と社会」をテーマに、
毎回各界から多彩なゲストを迎え、宮城の日本酒を交えながら、
ざっくばらんに議論するニュータイプのサイエンスカフェの特別編です。

「科学と社会」についてのとらえ方は、立場によって異なります。
議題は、ゲストが「科学と社会」をどのようにとらえているのかからスタートし、
その切り口から、ゲストと参加者で活発な議論を行います。

根井さんの切り口は、「産学官連携と東北(仮)」とのことです。
本会は、「科学と社会」に興味のある方なら、どなたでもご参加いただけます。
ご興味のある方は、こちらからお申込下さい。

カテゴリ: 取材日記   (タグ: , ,

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 根井寿規さん(東北経済産業局長)を取材しました(第3回目)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://field-and-network.jp/mtos/mt-tb.cgi/7512





記者ブログ



カテゴリ


取材先一覧

■ 幼・小・中学校

■ 高校

■ 大学

■ 国・独立行政法人

■ 自治体

■ 一般企業・団体


宮城の新聞
仙台一高
宮城の塾
全県一学区制導入宮城県内公立高校合同説明会をレポ
宮城の人々