(0)
2019年 07月 19日 ()
記者ブログ
記者・大草芳江が活動をつづります

2009年5月13日

「ミスター半導体」こと西澤潤一さんを取材しました(第2回目)

カテゴリ:取材日記

一般的に科学というと、
「客観的な完成されたもの」というイメージが先行しがちです。

しかしながらそれは、科学の一部であって、全体ではありません。

そこで、科学に関する様々な「人」へのインタビューを通して、
科学とはそもそも何かにせまる特集『科学って、そもそもなんだろう?』を、
『宮城の新聞」では、今年1月からスタートさせています。

090513_08.gif

本日は、「ミスター半導体」「光通信の父」こと、西澤潤一さんをインタビューしました(第2回目)。

西澤潤一さんは、専門は電子工学・通信工学で、
半導体デバイス、半導体プロセス、光通信の発明・開発で
独創的な業績を挙げ、世界的に著名な方です。

とは言ったものの、第1回目の取材をした時の「記者ブログ」でもお話したとおり、

実は恥ずかしながら、西澤潤一さんがどのような人なのか、
全く知らぬまま東北大(理学部でしたが)に入学、そのまま卒業してしまった私でしたが、

最近になってやっと、「西澤潤一さんって、どんな人なのだろう?」と疑問に思い、
西澤潤一さんの著書を何冊か拝見させて頂いていたところでした。

「一生を通して仕事に大きな影響を与えるものは,人生観である」と
西澤さんの著書『新学問のすすめ―21 世紀をどう生きるか―』にあるように、

西澤さんという「人」の人生観から、「科学って、そもそもなんだろう?」を
描写できればと思い、本日はインタビューしてきました。
記事は、6月中に公開予定となりますので、少々お待ち下さい。

西澤さんは現在も、研究と教育をされているそうです。
そこで6月末に、今度は研究と教育の現場を、取材させて頂くことになりました。

また、2009年7月4日(土)・5日(日)、東北大学片平さくらホールにて開催予定の
「学都仙台・宮城サイエンスデイ」(主催:NPO法人natural science )で、
西澤潤一さんに基調講演をして頂けることになりました。

「学都仙台・宮城サイエンスデイ」最新資料につきましては、こちらのPDFをご覧下さい。

カテゴリ: 取材日記   (タグ: , , ,

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「ミスター半導体」こと西澤潤一さんを取材しました(第2回目)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://field-and-network.jp/mtos/mt-tb.cgi/7196





記者ブログ



カテゴリ


取材先一覧

■ 幼・小・中学校

■ 高校

■ 大学

■ 国・独立行政法人

■ 自治体

■ 一般企業・団体


宮城の新聞
仙台一高
宮城の塾
全県一学区制導入宮城県内公立高校合同説明会をレポ
宮城の人々