(0)
2019年 12月 07日 (土)
記者ブログ
記者・大草芳江が活動をつづります

2008年6月16日

仙台市とソフトバンクグループの人事交流を取材中です

カテゴリ:取材日記

2007年1月、仙台市は広報部門強化のため「広報官」を新設し、
ソフトバンクグループから担当職員を登用しました。

広報官は、ソフトバンク関連会社ソフトバンクテレコム広報室の
高浜みゆきさん。任期は2年です。

仙台市市からも職員の井上さんが、ソフトバンクグループに
出向する形で、人事交流を実施中です。

080616-01.jpg

仙台市とソフトバンクグループの人事交流がはじまって約半年。

立場の違いから見えるものは何なのでしょう?

人事交流を通して、高浜さんと井上さんが
それぞれ感じたことを現在取材中です。

そもそも「広報官」の仕事とは?

詳しくは、取材記事でご紹介しますが、
「広報」とは情報を発信することで、
新聞や雑誌などの媒体に記事として取り上げてもらったり、
ステークホルダーに活動内容などを理解してもらうこと。

つまりは今回の私の取材も、高浜さんから見れば、
「広報」活動の一環なのですが、

そのテキパキした仕事ぶりを目の当たりにして、
「これが広報の仕事なのだなぁ」と実感しました。

井上さんとの座談会をセッティングしてくれたり、
「今日は写真意外にもコメントをとりますか?」
「今日時間が無ければ、メールでも大丈夫ですよ」

取材の全体像の確認と、こちらがやれることの前提を
さりげなくパッと出してくださるので、取材がスムーズに進みます。

取材をもっと取材しやすくし、双方にとってのメリットをつくっていく。

これが「広報」の仕事なんだなぁと、
身を以って体験させて頂いた取材でした。

カテゴリ: 取材日記   (タグ: , ,

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 仙台市とソフトバンクグループの人事交流を取材中です

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://field-and-network.jp/mtos/mt-tb.cgi/271





記者ブログ



カテゴリ


取材先一覧

■ 幼・小・中学校

■ 高校

■ 大学

■ 国・独立行政法人

■ 自治体

■ 一般企業・団体


宮城の新聞
仙台一高
宮城の塾
全県一学区制導入宮城県内公立高校合同説明会をレポ
宮城の人々