(0)
2020年 09月 27日 (日)
記者ブログ
記者・大草芳江が活動をつづります

2008年4月22日

ミウラセンサー研究所へ行って来ました

カテゴリ:取材日記

「光」を使って、物質の情報を読み取る技術(光センサー機器開発)を
核にする企業、ミウラセンサー研究所へ、本日は伺って来ました。

080422.jpg

ミウラセンサーさんでは、07年、
商品などに有害な化学物質が混入していないかを
簡単に操作できる装置「非接触型有害元素検出装置」を開発。

「非接触型」、つまり、対象物を、一切触ったりすることなく、
全くそのままの状態で、手軽に検査できるのが特徴だそうで、

宮城県内の優れた新製品に贈られる
「みやぎものづくり大賞」の製品部門グランプリも受賞。

(三浦社長の横に写っている装置です)

有害物質を含んだ輸入食品や玩具などが社会問題化する中、
安全性確認への活用が期待されています。

「人間の五感機能を探求する」スタンスが、
商品化に結びついていくまでのプロセス、
是非、また改めて、詳しくお話を伺いたいと感じました。

また、ミウラセンサーさんから、近いうちに、とある製品のプレス発表があるとのこと。
(今回、完成間際のものを拝見させて頂きましたが、写真撮影はその時に、とのことでした)

私も、一「プレス」としてお声掛け頂き、取材に伺う予定です。

ひとり新聞社、記者クラブなしの「ひとり記者クラブ」で、
如何にプレスリリースをキャッチできるか。今後が楽しみです。

カテゴリ: 取材日記   (タグ: ,

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ミウラセンサー研究所へ行って来ました

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://field-and-network.jp/mtos/mt-tb.cgi/238





記者ブログ



カテゴリ


取材先一覧

■ 幼・小・中学校

■ 高校

■ 大学

■ 国・独立行政法人

■ 自治体

■ 一般企業・団体


宮城の新聞
仙台一高
宮城の塾
全県一学区制導入宮城県内公立高校合同説明会をレポ
宮城の人々