(0)
2019年 11月 19日 (火)
記者ブログ
記者・大草芳江が活動をつづります

2008年2月22日

仙台市立東六番丁小学校の「自分づくり教育」を取材しました

カテゴリ:取材日記

本日は、仙台市立東六番丁小にて行われた「自分づくり教育」を取材してきました。

(※平成18年3月、仙台市教育委員会は「キャリア教育」や「起業教育」の意義を整理し、
「自分づくり教育」として方針を策定しました。つまり、呼び方を一本化したそうです。)

同校は、3年前から「自分づくり教育」の一環で、総合的な学習を利用し、
「達人から学ぼう」という取組みを行ってきています。

その道のプロである様々な「達人」から話を聞くことを通じて学んだことを基に、
自分を見つめ直し、児童が自分のよさに気づくのがねらいだそう。
年間を通じて、100人の大人たちに出会わせていくのが目標なのだとか。

今回の「達人」は、東北大学大学院環境科学研究科の石田秀輝教授。

080221-06.jpg

自然のすごさを賢く活かすものづくり「ネイチャーテック」(ネイチャーテクノロジー)を提唱し、
エネルギーを使わず、地球の環境に負荷をかけない物を作れないか、
人間と地球の関係をどういう切り口で考えたらいいか、
という見方から材料をつくっている先生です。

今回は、「土」のすごさに着目し、セメントや色々なエネルギーを使わずにタイルをつくる
「長七たたき」と呼ばれる約100年前の「たたきの技法」が児童らに伝授されました。

20世紀最大の発明だと言われたセメントも、
空気に触れるとだんだん劣化していくので、実は何百年もつか判らないそう。

この「たたきの技法」では、空気を接着剤にして固めるそうで(二酸化炭素による石灰化)、
石田先生はこれらの技術を利用して、アンコール遺跡の修復活動にも参加されているそうです。

こちらが、昨年11月に、この「たたきの技法」を利用して、児童らが制作したタイルです。
約3ヶ月間、タイルが固まるのを待っていたのでした。

080221-07.jpg

今回は、構内の中庭花壇まわりへの敷設が行われました。

080221-01.jpg

昨年に引き続き、「たたき」の授業に協力した施工会社、
東北緑化環境保全㈱の小島さんのコメントです。

「どうやったらうまくいくか、どういった楽しみがあるかを考えた。
子どもたちが一生懸命やってくれる姿が楽しかった。
子ども達には逆に教えられたというのが我々の感動だった。
利益だけでなく、楽しさを教えるのが、会社としても大切だと思う。
協力できていることに喜びを感じている。
また来年度も声がかかれば、協力するつもりだ」。

080221-02.jpg

児童らが、釘で思い思いのメッセージを刻印。
子どもたち曰く、「けっこう彫るの大変だった」そう。

080221-03.jpg

このような形で、子どもたちがつくったタイルが、花壇のまわりに敷き詰められました。
ちなみにこの花壇の形、東六番丁小の校章を表しているそうですよ。

実は、この卒業制作、児童らが卒業に関するプロジェクトのひとつとして、
「何か学校のためにやれたら良いね」と企画したものなのだとか。

今年からは、「達人から学ぼう!」等の学習を通して高められた意識や知識などを、
「自分たちにできること」とすることによって、自分のよさを認識し、
それを地域に生かしていくというステップに入っているそう。

「子どもたちには、ただ授業をするだけでなく、
"自分はどう思うのか、どうしたいのか"を自ら考えてもらい、
自分の立場でやれることを実践してもらって、卒業していって欲しいんです」と、
担任の熊谷先生。

「人と関わってコミュニケーションをとってほしい。
地域のよさって何?って見つめなおして欲しい。
自分のよさって何?を見つめなおして欲しい。

子ども達に総合の時間で、どんな力をつけてもらいたいかを考えてみると、
"キャリア教育(自分づくり教育)"と重なる部分が沢山ありました。

3年前から"キャリア教育(自分づくり教育)"に取り組んできましたが、
最初は受身で精一杯だったところから、最近は生徒の"やってみたい"が増えてきました。

"自分がこうしたい"というところからスタートし、
人と人との触れ合いの中で、子どもたちは育っていきます。

けれでも学校だけではなかなか難しいところがあり、皆さんのご協力が必要です。
バックアップしてくださる方々のネットワークは、学校にはないものですから。

子どもたちは、様々な人と出会うことで、仕事はそれぞれ違うけれども、
思いは同じなんだということに、気づいているのではないでしょうか。

そこから自分レベルでできることを、小さな変化でもいいですから、
実践してもらいたいと思っています。

掃除をさぼらない、手伝いをする、という小さなことでもいいんです。
学んでも、行動できなければ意味がありませんから」。

同校は、「自ら関心を持つ、自ら気づく、自らアクションを起こす」というコンセプトを基に、
実践を展開し、他校の先駆としての役割を果たしていると評価され、
キャリア教育優良学校として、今年度、文部科学大臣賞を受賞しています。

本来ならば人が社会の中で自立して生きていくのに必要不可欠な「生きる力」。
その低下が叫ばれている今だからこそ、その本質が改めて見直され、
刻一刻と時代が動いていくことを、改めて実感する日々です。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 仙台市立東六番丁小学校の「自分づくり教育」を取材しました

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://field-and-network.jp/mtos/mt-tb.cgi/212





記者ブログ



カテゴリ


取材先一覧

■ 幼・小・中学校

■ 高校

■ 大学

■ 国・独立行政法人

■ 自治体

■ 一般企業・団体


宮城の新聞
仙台一高
宮城の塾
全県一学区制導入宮城県内公立高校合同説明会をレポ
宮城の人々