(0)
2021年 06月 18日 (金)
記者ブログ
記者・大草芳江がほぼ毎日活動をつづります

記者ブログ(大草 芳江):2009年9月

2009年9月 3日

東北大学「生態適応GCOE」主催・PEM特別講座「生物多様性と企業」ご案内

カテゴリ:お知らせ

東北大学「生態適応グローバルCOE」より、
特別講座の案内がありましたので、下記の通り、ご紹介します。

8月20日に、環境省より「生物多様性民間ガイドライン」~事業者が自主的に
生物多様性の保全と持続可能な利用に取り組むために~が発行されました。
生産、販売、使用、廃棄にいたるまでのプロダクツのライフサイクルにおいて
企業は何をしたらよいのか、何ができるかについて、ガイドライン検討会の
委員でもある足立直樹氏にお話しいただきます。

■PEM特別講座「生物多様性と企業」
 PEM(プロフェショナル・エコシステム・マネジャー)
■講 師:足立直樹 氏(レスポンスアビリティ代表取締役社長 理学博士)

【講師紹介】
 国立環境研究所で熱帯林の研究に従事し、
 1999年から3年間のマレーシア森林研究所(FRIM)に派遣。
 帰国後、持続可能な社会を企業の力で構築することを目指し、コンサルタントとして独立。
 持続可能な社会作りをミッションとして株式会社レスポンスアビリティを設立。
 多くの先進企業に対し「どうすれば持続可能な社会に貢献できる企業になれるか」
 「信頼される企業になるために、何をどのようにすべきか」を
 中心にコンサルティングを行っている。
 特に専門としているのは「企業による生物多様性の保全」と
 「CSR調達(サプライチェーン・マネジメント)」
 「アジアにおけるCSRの推進」など。
 企業と生物多様性イニシアチブ(JBIB)事務局長。本GCOE運営委員。

日 時:9月10日(木) 10:30~12:00
場 所:東北大学多元物質科学研究所・材料物質総合研究棟1号館1階会議室
地 図:こちらを参照
費 用:無料(どなたでも参加できます)、参加ご希望の場合は下記あてご連絡ください
問 合:東北大学大学院 生命科学研究科 生態適応グローバルCOE
     環境機関コンソーシアム事務局 担当:このしま
     TEL: 022-795-3637  FAX: 022-795-3638

カテゴリ: お知らせ   (タグ: , ,


2009年9月 2日

「光通信の父」「ミスター半導体」こと西澤潤一さんへのインタビュー記事を公開しました

カテゴリ:お知らせ

「宮城の新聞」では、「科学って、そもそもなんだろう?」をテーマに、
【科学】に関する様々な人々をインタビューする特集を行っています。

科学者の人となりをそのまま伝えることで、
「科学とは、そもそも何か」をまるごとお伝えします。

article_20090716-top.jpg

本日は、西澤潤一さんへのインタビュー記事を公開しました。

82歳の今もなお、現役の科学者であり続ける
「光通信の父」「ミスター半導体」こと、西澤潤一さん。

その人生観を聞き、また研究と教育の現場を訪ねることで、
「科学とはそもそも何か」を聞きました。

続きを読む...

カテゴリ: お知らせ   (タグ: ,


2009年9月 1日

工藤電機の工藤さん、仙台観光コンベンション協会の黒田さんを訪ねました

カテゴリ:取材日記

本日はまず、工藤電機会長の工藤さんを訪ねました。

090901-1.jpg

工藤電機では毎月、お誕生日の方にお花が贈られるそう。
写真左のお花は、今月誕生日の工藤さんに贈られたものだそうです。

工藤さんは、「ないものをつくる」精神を貫き、ものづくり界で活躍された方で、現在は
地域社会がどうあるべきかを考え、仙台に電気バスを走らせる「e-タウンバス構想」や
「仙台市太白少年少女発明クラブ」設立など、様々な活動を実践されている方です。

●『宮城の新聞』:工藤さんへのロングインタビュー記事
既存の「はかり」でははかれない「はみ出し人間」が、「はかりしれない」仕事をする

●『宮城の新聞』:「e-タウンバス」についてのレポート記事
宮城・仙台発の夢を乗せた電気バス

●NPO法人 natural science :「科学と社会」意見交換・交流会
第1回結果報告 ゲストに工藤治夫さんを迎えて

続きを読む...



前の10件 1  2  3

記者ブログ



カテゴリ


取材先一覧

■ 幼・小・中学校

■ 高校

■ 大学

■ 国・独立行政法人

■ 自治体

■ 一般企業・団体


宮城の新聞
仙台一高
宮城の塾
全県一学区制導入宮城県内公立高校合同説明会をレポ
宮城の人々