(0)
2019年 11月 19日 (火)
記者ブログ
記者・大草芳江が活動をつづります

2011年10月12日

物理学者(素粒子理論)の武田暁さんをインタビュー&記事公開しました

カテゴリ:取材日記

 「宮城の新聞」では、「科学って、そもそも何だろう?」をテーマに、さまざまな科学者の皆さんがリアルに感じる科学とは何かをインタビュー取材しています。先日は物理学者の武田暁先生(東京大学・東北大学名誉教授、平成基礎科学財団理事)をインタビューしました。

 私の心の中には「ぜひ取材をしてみたい人リスト」があります(いろいろな方から「この人はぜひ取材した方がよい」とお勧めいただくうちに自然とリスト化されるようです)。武田先生もそのお一人で、ぜひ取材したいと念じていたところ、先日の『学都「仙台・宮城」サイエンス・デイ2011』でお世話になった織原彦之丞先生(東北大学名誉教授)にご紹介いただき(武田先生は織原先生の先生です)、今回の取材に至りました。

takeda-san_500px.jpg

 ところが、武田先生に何を質問しても、「難しいですねぇ」「どうもわからないですが」「ちょっとわかりませんけど」という言葉が最初か最後にくっついてくるので、私の中でなかなか辻と褄が合わない感覚が、インタビュー中ずっと続きました。武田先生は何を不思議に思っているのだろう?わかるようで、わからない。

 けれども、この閉じ切らない感覚そのもの、つまり、一つひとつのことは、よくよく考えてみると、この前提が変わってしまえば、実はそうとは言い切れない可能性を常に含んでいるのだということ。それが武田先生のお話のベースなのではと、ふと思ってからは、それをまるごと形にすることが価値になるのではと思い、やっとお話の輪郭が掴めた感じがしました。

 ただ、それはあくまで私のフィーリングなので、武田先生から修正原稿をいただくまでは、武田先生の意図と合っているか、不安がありました。というのも私は、科学者の皆さんがそれぞれリアルに感じていることに一番情報があると思っていて、それを知りたくて取材をしているわけですが、それは逆に言えば、リアルであればある程見えにくく端的に表現しづらいものだったりするからです。

 結果的には、武田先生からよくまとまっているとお褒めの言葉をいただき、安心したと同時に勇気が湧いた次第です。ただ、残念なことに、武田先生は今月、仙台から横浜に引越してしまいました。武田先生にはこれからシリーズでインタビュー取材をたくさんさせていただこうと(勝手に)思っていたので残念です。

 武田先生が横浜に発つ前日、美味しいお茶とケーキをご馳走になりながら、いろいろお話をする中で(武田先生は脳科学的にいろいろなことを解説してくださいました)、私はなぜ自分がこの活動をしているかを、そのベースにある自然観(←人間としては結構哀しい話だと思います...)も含めて武田先生にお話ししたところ、「今あなたが喋っていること、小説みたいでなかなかおもしろいよ。ちゃんと形に残しておいたら」とコメントをいただきました。

 きっと、無意識層(深層)から意識層(表層)へ、自分がリアルに思っていることを引っ張り上げていく瞬間に、おもしろい情報はあるのかもしれません。私も、そういうインタビュー取材をしたいものだ、と改めて思いました。

 なお、武田先生は小柴昌俊先生と一緒に、「平成基礎科学財団」で、高校生・大学生むけの基礎科学講座「楽しむ科学教室」を、年に10回ほど開催しているそうです。11月5日の講演は、武田先生が講師を務め、「言葉の物理学 ~人はどうして自由に言葉を操れるのか~」をテーマにお話されるそうです。会場は大阪大学ですが、ご興味のある方は平成基礎科学財団のHPをご覧ください。

article_20110910-top.jpg

「脳は科学を如何につくるのか?」
その過程も同時に理解しなければ、
本当のことはわからない。

武田 暁 Gyo TAKEDA (東京大学名誉教授・東北大学名誉教授)

理論物理学者(素粒子論)の武田暁さんは、
「自然科学とは、そもそも何か。
その問に答えるのは時期尚早」と言う。

なぜならば、自然科学は人間の脳がつくったもの。
脳は自然科学をどのようにつくるのか?
その過程を論理的に理解しないままでは、
片手落ち同然で、どうも本当のことはわからない。

そう語る武田さんは、十数年前から脳科学の研究を始めたそうだ。
「物事を断定的に言うのは、嘘をつくのと変わらない」と
脳科学の研究結果を根拠にしながら限定的に語る、
武田さんがリアルに感じる科学とはそもそも何かを探った。

 ☆=≫インタビュー記事はこちらのページからご覧ください。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 物理学者(素粒子理論)の武田暁さんをインタビュー&記事公開しました

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://field-and-network.jp/mtos/mt-tb.cgi/10285





記者ブログ



カテゴリ


取材先一覧

■ 幼・小・中学校

■ 高校

■ 大学

■ 国・独立行政法人

■ 自治体

■ 一般企業・団体


宮城の新聞
仙台一高
宮城の塾
全県一学区制導入宮城県内公立高校合同説明会をレポ
宮城の人々