(0)
2019年 11月 19日 (火)
記者ブログ
記者・大草芳江が活動をつづります

2008年6月13日

宮城県産業人材・雇用対策課企画班と東北大・理工系学生のヒアリング会を取材しました

カテゴリ:取材日記

東北地域の理工系大学の地元就職率が低い原因を探り、
人材確保に向けた方策や、県外に進学・就職した人材を
呼び戻すための取り組みを検討しようと、

宮城県産業人材・雇用対策課企画班が、
東北大・理工系学生との懇親会を開催しました。

080613.jpg

学生達が就職先を選ぶ際にどのような点を重視するのか?
東北地域の理工系学生の県内就職率が低いのはなぜか?

などなど、学生の生の声をヒアリングしよう、という会です。

集まった学生は、理学部と工学部の学生・院生8名。

今年就職活動をした学生と、これから就職活動をする学生。
宮城県内出身者と、県外出身者。

様々な属性の学生が、本音を話し合いました。

詳しくは、記事にてご報告いたします。
もう少々お待ち下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 宮城県産業人材・雇用対策課企画班と東北大・理工系学生のヒアリング会を取材しました

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://field-and-network.jp/mtos/mt-tb.cgi/269





記者ブログ



カテゴリ


取材先一覧

■ 幼・小・中学校

■ 高校

■ 大学

■ 国・独立行政法人

■ 自治体

■ 一般企業・団体


宮城の新聞
仙台一高
宮城の塾
全県一学区制導入宮城県内公立高校合同説明会をレポ
宮城の人々