(0)
2019年 11月 19日 (火)
記者ブログ
記者・大草芳江が活動をつづります

2009年9月 9日

東北大学電気通信研究所・所長の矢野雅文さんを訪ねました

カテゴリ:取材日記

10月10日に行われる、東北大学・片平まつり2009内で行う高校生向けイベントの件で、
本日は、東北大学電気通信研究所(略して通研)所長の矢野雅文さんを訪ねました。

090909_02.jpg

(イベントの詳細は、近日中にご案内できると思いますが)
本日は第2部の「科学と社会」意見交換・交流会のお打合せをしました。

イベントの第2部は、natural science東北大学電気通信研究所の共催で、
第5回「科学と社会」意見交換・交流会を開催します。

「科学と社会」意見交換・交流会とは、「科学と社会」をテーマに、
毎回、各界から多彩なゲスト(科学者、実業家、行政関係者、作家など)を迎え、
宮城の日本酒を片手に、ざっくばらんに議論するニュータイプのサイエンスカフェです。
(今回は、高校生も参加とのことで、宮城の日本酒は出ませんが)

これまでのご報告はこちら
第4回 根井寿規氏 (経済産業省東北経済産業局長)
第3回 野家啓一氏 (哲学者、東北大学理事、文学研究科文学部教授)
第2回 瀬名秀明氏 (作家、前・東北大学工学部機械系特任教授)
第1回 工藤治夫氏 (工藤電機会長、みやぎ工業会理事、太白少年少女発明クラブ会長)

「科学と社会」についての捉え方は、立場によって異なります。
議題は、ゲストが「科学と社会」をどのように捉えているのか、からスタートし、
その切り口から、ゲストと参加者で活発な議論を行います。

明示的な落とし所をつくることが主目的ではなく、
様々な立場の方にご参加いただくことによって、
「科学と社会」の現状を浮き彫りにすることを主な目的としています。

本日は、ゲストである通研所長の矢野さんからの切り口を伺ってきました。
近日中に、詳しい告知をできるかと思います。

もう少々お待ち下さい。

カテゴリ: 取材日記   (タグ: ,

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 東北大学電気通信研究所・所長の矢野雅文さんを訪ねました

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://field-and-network.jp/mtos/mt-tb.cgi/7937





記者ブログ



カテゴリ


取材先一覧

■ 幼・小・中学校

■ 高校

■ 大学

■ 国・独立行政法人

■ 自治体

■ 一般企業・団体


宮城の新聞
仙台一高
宮城の塾
全県一学区制導入宮城県内公立高校合同説明会をレポ
宮城の人々