(0)
2018年 09月 23日 ()
記者ブログ
記者・大草芳江が活動をつづります

2009年1月15日

宮城・仙台の伝統行事「どんと祭」の風景

小正月の伝統行事「どんと祭」が14日夜、宮城県各地で行われました。
(左義長を、宮城県では「どんと祭」と呼んでいます)

神社の境内で正月飾りを焼き、その火にあたると病気をせず健康で暮らせると言われています。

今年は、県内最大規模の大崎八幡宮(仙台市)の松焚祭(まつたきまつり)へ行ってきました。
松焚祭は300年の歴史があるとされ、仙台市の無形民俗文化財に指定されているそう。

090114_01.jpg

あ!
どんと祭では登場しないとされる、だるまが、宙を舞っています。
(見えますか?中央上です)

090114_03.jpg

無事着地。
これが本当の、火だるま。

090114_02.jpg

歓声をあげながら、だるまを見守る参拝客ら。

090114_06.jpg

御神火にあたり、一年の無病息災・家内安全を祈願します。

090114_05.jpg

市内各地から神社を目指して歩く「裸参り」も有名です。

090114_08.jpg

大崎八幡宮の社殿は、国宝にも指定されています。
桃山建築の粋を凝らした豪華絢爛な社殿。瑞鳳殿につくりが似ていますね。

090114_07.jpg

中央の大きな鈴が人気。
他の小さな鈴には行列ができていません。

090114_09.jpg

後はお楽しみの屋台です。職人気質のお兄さんに期待。

090114_10.jpg

これは食べて正解でした。とろとろ卵も良い感じです。

090114_13.jpg

信仰心があるのか・ないのかはわかりませんが、
吸い込まれるように、神社へと向かっていく人・人・人。

お祭り=非日常感が楽しい、というのも、もちろんありますが、
あぁ、こういう理由があるのか・ないのかがよくわからないものを、
文化と呼ぶのかもしれないなぁ、としみじみと思います。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 宮城・仙台の伝統行事「どんと祭」の風景

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://field-and-network.jp/mtos/mt-tb.cgi/6167






記者ブログ



カテゴリ


取材先一覧

■ 幼・小・中学校

■ 高校

■ 大学

■ 国・独立行政法人

■ 自治体

■ 一般企業・団体


宮城の新聞
仙台一高
宮城の塾
全県一学区制導入宮城県内公立高校合同説明会をレポ
宮城の人々