(0)
2019年 07月 23日 ()
記者ブログ
記者・大草芳江が活動をつづります

2008年10月18日

一番町商店街でファッションショー 「仙台コレクション 2008」

一番町を歩いていると、アーケードの真ん中に、ステージが!

081019-01.jpg

19日(日)13:30~19:00に、一番町3丁目 ぶらんどーむアーケード内にて、
仙台のファッショントレンドの祭典「仙台コレクション2008」が開催されるのだとか。

これまでは買い物と言えば、一番町周辺、という感じでしたが、
最近は駅前にパルコができたり、郊外(仙台港・泉パークタウン)にアウトレットモールが
立て続けにできたりと、仙台のファッション事情は急速に変化しつつあります。

そんな中、危機感を抱いた商店街が、大型店に対抗しようと、
一番町一番街商店街振興組合と「仙台FORUS」でつくる実行委員会で主催したのが、
この「仙台コレクション 2008」なのだとか。

全国的にも活躍する仙台出身モデルや、アーティストをゲストに招き、
FORUS館内の人気ブランドを集めての本格的ファッションショーをするそうです。

(ちなみに、「Ray」専属モデルで、花王「エッセンシャル」などのCMで
活躍中の葛岡碧さんは、宮城三女高出身だそうです)

081019-02.jpg

パリコレのように、服飾メーカーが自社デザイナーの新作をバイヤーやマスコミに
紹介することが目的の「プレタポルテ(高級既製服)コレクション」に対して、

この「仙台コレクション」は、
リアルクローズ(現実性のある服)と提唱するファッション性がある普段着を、
舞台上でモデルに着せ、若い女性への小売販売を目的とする、
最近話題の「東京ガールズコレクション」に、ちょっと近いのかもしれません。

気に入った服は、ステージ隣のFORUSで即購入可、というところが、
その場で携帯サイトで購入できる「東京ガールズコレクション」よりも、
よりリアルでダイレクトな感じもします。

いずれにせよ、商店街の中でファッションショーと言うのは、新しいですよね。


このように、仙台の街はめまぐるしく変化しており、競争が激化しています。

よくよく考えてみれば、FORUSはイオングループ。
これまでは、「地元商店街 vs イオン」の図式で敵視されていた部分もある存在ですが、

今回のように、より大きな驚異があれば、
互いに手を取り合い、共通の敵へ立ち向かう図式が出来上がるものなのですね。

敵とは何か、味方とは何か。
その本質を端的に示す、好例といえるのかもしれません。

カテゴリ: 宮城のイベント・祭り 時事ネタ   (タグ:

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 一番町商店街でファッションショー 「仙台コレクション 2008」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://field-and-network.jp/mtos/mt-tb.cgi/3517






記者ブログ



カテゴリ


取材先一覧

■ 幼・小・中学校

■ 高校

■ 大学

■ 国・独立行政法人

■ 自治体

■ 一般企業・団体


宮城の新聞
仙台一高
宮城の塾
全県一学区制導入宮城県内公立高校合同説明会をレポ
宮城の人々