(0)
2019年 07月 23日 ()
記者ブログ
記者・大草芳江が活動をつづります

2008年1月23日

パスタハウス ポモドーロ(仙台市青葉区柏木)

カテゴリ:


東北大学付属病院前の国道48号線から仙台厚生病院前の仙台銀行を右折し、 国見へと向かう道の途中(右側・セブンイレブンをすぎてすぐ)にある、 小さなイタリアンのお店「ポモドーロ」に、酒モニター忘年会で行くことになりました。

実はこのお店、学生時代に通学路だったこの道を通る度に、気になっていたのですが、
結局、行かず終いになっていたお店のひとつなんです。

ちょっと話はズレますが、通学路・通勤路にあるお店って、たとえ気になっていても、
実際はなかなか行かないような心理傾向があるんじゃないかと思うのですが、
皆さんはどう思いますか?

「ちょっと美味しいもの食べに行こうか?」となったら、
無意識のうちに、通学路・通勤路「以外」の場所を探していたりしません??

実際、その証拠に、現在私の通勤路である県道仙台泉線は、
毎朝凄まじい渋滞に苦しめられるほどの交通量(=お客さんいっぱい)にも関わらず、
国道4号線に比べると、極端に飲食店が少ない気がするんです。
(それとも他に何か理由でもあるのかなぁ?)

通学路・通勤路がそういった選択肢から無意識に除外されている(仮説)のはきっと、
よっぽどの動機付けがない限り、通学・通勤という日常的な行為の中に、
「美味しい食事をしたい」という非日常的な行為が、すぐには結び付かない何かが
あるように思えてなりません。

つまり、私が「ポモドーロ」にこれまで行かなかった理由として考えられるのは、
①「よっぽどの動機付け」がなかった
②「美味しい食事をしたい」という思いが日常的ではなかった
ことが、挙げられると思います。
このあたり、先輩酒モニターの方々を見習わなければなりません。

以上、「ポモドーロ」に結局行ったことがない長い長い言い訳でしたが、
そういう訳で、忘年会当日(12月23日)を私は非常に楽しみにしておりました。

ところが、12月23日(日・祝)という日を私はナメていました。 いつもなら、渋滞してても50~60分そこらで着くはずの道が大渋滞、そして大遅刻・・・。 酒モニターの皆様方には、ご迷惑をお掛けし大変申し訳なかったです。

先輩酒モニターの皆さんが、地下鉄北四番丁で集合し、そこからタクシーで
移動してきた意図が、この時、痛いほどわかりました。来年はこの経験を活かします。


酒モニターの忘年会、ということで、それぞれお気に入りのお酒を持ち込みです。
お酒の数は(おそらく)9本あったはずなのですが、残念ならが撮り損ねてしまったので、
印象に残ったもの(つまり無事写真に撮れたもの)をご紹介します。

・大七 自然酒生もと 1992年 二本松産華吹雪 69%以下
・ウマニ・ロンキ "ヨーリオ" モテプルチアーノ・ダブルッツォ
・シャトー・デュ・ジュージュ・クリュ・キネット 2005

ちなみに私が持ち込んだお酒は、「日輪田 純米大吟醸 山田錦 40% BY17」。 イタリアンの前菜に合いそうなお酒を、と阿部酒店さんに相談したところ、 阿部さん曰く「これは、クリーミーなお酒だし、どう?」 「へぇ、おもしろそうなお酒ですね」「いや一度、飲んでるはずだよ・・・」 すみません、じゃあもう一回飲んでみます・・・ そんなやりとりで決めたお酒です。

楽しみにしていた、ポモドーロのお料理。 「殻付 生カキレモン添えとホタテのカルパッチョ」

「鴨のガンティーヌ イチジクとフォアグラ入り」 「スモークサーモン」 「ゴルゴンゾーラのハチミツ添え」

ゴルゴンゾーラ+ハチミツの組み合わせは、はじめての体験。


「ローストビーフとプンタレッタのサラダ」

あ!ここ仙台でしか食べられない(?)ローマの野菜・「プンタ君」との、
記念すべき2度目の出会いです!
(1度目の出会いは、河北新報社主催の宮城ブランド発信フェスティバル)

ビーフ:プンタ君≒1:1で、ドレッシングもさっぱりとしているので、
あればあるだけ食べれちゃいそうな美味しさでした。


「カキのトマトクリームのパスタ」

クリームソースなのにしつこい感じがしないなぁと思ったら、
ソースにトマトが入っているんですね。
「ポモドーロ」は、イタリア語でトマトという意味だと伺いました。
さすが「ポモドーロ」!


「ビーフシチュー フォカッチャ添え」


ここのフォカッチャは、カリッと香ばしくて、非常に美味しい!
そのままでも、美味しく頂けます。


「ガトーショコラと仙台イチゴのシャーベット」

クリームには、ハーブが入っていて、最後はさっぱりでした。


「ポモドーロ」ご主人の丹野さん。

後ろのボードにもちょこっと写ってますが、イタリアンなのに、
日本酒(しかも墨廼江等、宮城の地酒)等も取り揃えているのが驚きです。

お料理とお酒の組み合わせにも、こだわりを持っていらっしゃるそうで、
年に数回開催している「ワイン会」では、選りすぐりのワインを集め、
銘醸ワインと季節にあったオリジナル料理を合わせて提案してくれるとか。

次回のワイン会に、さっそく行ってみたいと思います。

Pasta House POMODORO (パスタハウス 「ポモドーロ」 ) 仙台市青葉区柏木2丁目6-28 ℡ : 022-233-8908 営:11:30~21:00(ランチ11:30~14:30、ディナー17:00~21:00) 休:火曜日 P:無料駐車場有(5台)

カテゴリ:   (タグ:

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: パスタハウス ポモドーロ(仙台市青葉区柏木)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://field-and-network.jp/mtos/mt-tb.cgi/470



」 の最新記事



記者ブログ



カテゴリ


取材先一覧

■ 幼・小・中学校

■ 高校

■ 大学

■ 国・独立行政法人

■ 自治体

■ 一般企業・団体


宮城の新聞
仙台一高
宮城の塾
全県一学区制導入宮城県内公立高校合同説明会をレポ
宮城の人々