(0)
2021年 07月 29日 (木)
記者ブログ
記者・大草芳江が活動をつづります

2009年5月15日

宮城県畜産試験場→宮城県古川農業試験場→宮城県林業技術総合センターへ行ってきました

カテゴリ:弊社取組み

2009年7月4日(土)・5日(日)、東北大学片平さくらホールにて開催予定の
学都仙台・宮城サイエンスデイ」(主催:NPO法人natural science )の件で、
本日は、県北にある県の試験研究機関へ、3つ行ってきました。

(宮城県畜産試験場 → 宮城県古川農業試験場 → 宮城県林業技術総合センター)

090514_02.jpg

まずは、岩出山にある宮城県畜産試験場へ、8:30着。
こちらは「仙台牛」の開発をした試験場としても有名です。

草地資料部の副主任研究員の菅原さんにご対応頂き、
試験場も見学させていただきました。

090514_04.jpg

最近、田んぼで見かけ気になっていた、この正体がようやくわかりました。
牧草の代わりに稲を使う「稲ホールクロップサイレージ(稲発酵粗飼料)」。

090514_19.jpg

以前、塩釜市団地水産加工業協同組合でもお話を伺っていた
BDF製造時に発生する副産物のグリセリンを、たい肥の発酵促進剤(エネルギー源)として
活用するための実験も、(実験そのものは終了していましたが)見学させて頂きました。

お次は、古川にある古川農業試験場へ、11:00過ぎに着。
「ササニシキ」や「ひとめぼれ」も、この古川農業試験場で開発されたものです。

090514_07.jpg

場長の城所さん、副場長の太田さん、作物育種部部長の及川さん、
作物保護部部長の涌井さんにご対応頂き、様々な切り口から、
大変興味深いお話をたくさんして頂きました。

ぜひ改めて、この「宮城の新聞」でも取材に伺いたいと思います。
今年10月4日には、畜産試験場と一緒に、一般公開もするそうです。

090514_08.jpg

お次は、大衡町にある林業技術総合センターへ、13:00着。
企画管理部の坂田さんにご対応いただきました。

090514_09.jpg

花粉の少ない杉も開発。

090514_10.jpg

人為的に改良するというより、自然の中から良いものを選んで栽培するという、
「自然に合わせる」スタンスが、特に印象的なところでした。

090514_13.jpg

竹の子の販売も。これで400円。
不定期だそうですが、一般の方も、購入できるそうです。

自然にあるものに何かしら手を加える「プロセス」を経て、
その「結果」をわたしたちは食べ物として口にします。

けれども、自然と切り離されて生きているような錯覚が
どこか自分にあることを、改めて感じた1日でした。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 宮城県畜産試験場→宮城県古川農業試験場→宮城県林業技術総合センターへ行ってきました

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://field-and-network.jp/mtos/mt-tb.cgi/7207





記者ブログ



カテゴリ


取材先一覧

■ 幼・小・中学校

■ 高校

■ 大学

■ 国・独立行政法人

■ 自治体

■ 一般企業・団体


宮城の新聞
仙台一高
宮城の塾
全県一学区制導入宮城県内公立高校合同説明会をレポ
宮城の人々