(0)
2019年 12月 07日 (土)
記者ブログ
記者・大草芳江が活動をつづります

2009年6月 5日

新東北化学工業株式会社の佐藤徹雄会長を訪ねました

カテゴリ:弊社取組み

2009年7月4日(土)・5日(日)、東北大学片平さくらホールにて開催予定の
学都仙台・宮城サイエンスデイ」(主催:NPO法人natural science )の件で、
本日は、新東北化学工業株式会社の佐藤徹雄会長を訪ねました。

090604_01.jpg

新東北化学工業では、「ゼオライト」(沸石類と呼ばれる鉱物の総称)の持つ
様々な機能を活かした製品作りを行っており、

湿気を吸ったり吐いたりして室内の湿度を平均化する
吸収性建材というジャンルを国内外で初めて確立。

吸収性ゼオライト内装材の生産高日本一を誇っています。

火山活動によって約700万年のも年月をかけてつくられた天然の鉱物であるゼオライト。
(新東北化学工業では、仙台市上愛子にある天然ゼオライト鉱山から採掘しているそう)

昭和38年の創業から、ゼオライトの様々な機能を応用し、商品として提供することを目指す同社。

090604_12.jpg

自然をよく知り(基礎)、それを応用して、人間の生活が快適になるよう役立たせる。

そんなプロセスの結果の総和が、わたしたちの生活(社会)を構成していることを、
五感で実感できる場をつくれたらおもしろいと、改めて思いました。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 新東北化学工業株式会社の佐藤徹雄会長を訪ねました

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://field-and-network.jp/mtos/mt-tb.cgi/7338





記者ブログ



カテゴリ


取材先一覧

■ 幼・小・中学校

■ 高校

■ 大学

■ 国・独立行政法人

■ 自治体

■ 一般企業・団体


宮城の新聞
仙台一高
宮城の塾
全県一学区制導入宮城県内公立高校合同説明会をレポ
宮城の人々