(0)
2019年 11月 19日 (火)
記者ブログ
記者・大草芳江が活動をつづります

2009年6月 4日

東北大学グローバルCOEプログラム 「変動地球惑星学の統合教育研究拠点」を訪れました

カテゴリ:弊社取組み

2009年7月4日(土)・5日(日)、東北大学片平さくらホールにて開催予定の
学都仙台・宮城サイエンスデイ」(主催:NPO法人natural science )の件で、
本日は、東北大学グローバルCOEプログラム 「変動地球惑星学の統合教育研究拠点」を訪れました。

090604_08.jpg

東北大学 理学研究科 地震・噴火予知研究観測センター教授の松澤さんにご対応いただきました。

7月4日(土)は、「地震はなぜ・どうやって起こるの?」をテーマに、
岩手・宮城内陸地震のような内陸で発生する地震や、宮城県沖地震のように海底下で発生する地震が、
一体なぜ・どうやって起こるのか、最新のモデルについて、松澤さんが紹介してくださるそうです。

ちなみに、体に感じない地震は、毎日発生しているそう。
地震予知観測研究部のWEBサイトに、「今日の地震活動」が掲載されています。

震源を特定する方法を、ミニチュアで再現することも、
地震・噴火予知研究観測センターとして行っているそう。

今回は、グローバルCOEとして、講演ブースにご出展頂きますが、
地震・噴火予知研究観測センターの取組みについても、次の機会に伺えればと思います。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 東北大学グローバルCOEプログラム 「変動地球惑星学の統合教育研究拠点」を訪れました

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://field-and-network.jp/mtos/mt-tb.cgi/7316





記者ブログ



カテゴリ


取材先一覧

■ 幼・小・中学校

■ 高校

■ 大学

■ 国・独立行政法人

■ 自治体

■ 一般企業・団体


宮城の新聞
仙台一高
宮城の塾
全県一学区制導入宮城県内公立高校合同説明会をレポ
宮城の人々