(0)
2019年 12月 07日 (土)
記者ブログ
記者・大草芳江が活動をつづります

2009年5月 1日

(独)産業技術総合研究所東北センターへ行ってきました

カテゴリ:弊社取組み

2009年7月4日(土)・5日(日)、東北大学片平さくらホールにて開催予定の
学都仙台・宮城サイエンスデイ」(主催:NPO法人natural science )のお打合せで、
独立行政法人産業技術総合研究所(略して産総研)東北センターへ、行ってきました。

090127_01.jpg

学都仙台・宮城サイエンスデイ」では、
成果や製品だけの「結果」だけでなく、そこに至るまでの「プロセス」を
五感で体験できるような場を、地域につくることができればと考えています。

本日は、成果普及担当・主査の山田さんにご対応頂き、
産総研東北センターで特に力を入れている研究についてや、
新しくなった展示スペース(や隠れた展示スペース)などをご紹介いただきました。

社会の細分化・複雑化に伴い、個々は専門家にまかせ、中身を知らなくても利用できる
ブラックボックス化が進み、わたしたちは便利な社会に住んでいます。

しかしそれは、効率性とひきかえに、本来そこにあるはずの自己と対象との関係性を
実感することが困難な状況に陥っていることも意味しています。

この自己の対象との関係性が見えない危機こそが、様々な問題の本質的な
原因であると捉え、それに対して具体的にアプローチできるものを、

一歩目として、『宮城の新聞』という形で(自己と対象との関係性を情報化し)、
二歩目として、『サイエンスデイ』という形で(情報だけでなく五感で感じられる場を)

つくっていければと考えています。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: (独)産業技術総合研究所東北センターへ行ってきました

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://field-and-network.jp/mtos/mt-tb.cgi/7115





記者ブログ



カテゴリ


取材先一覧

■ 幼・小・中学校

■ 高校

■ 大学

■ 国・独立行政法人

■ 自治体

■ 一般企業・団体


宮城の新聞
仙台一高
宮城の塾
全県一学区制導入宮城県内公立高校合同説明会をレポ
宮城の人々