(0)
2019年 11月 19日 (火)
記者ブログ
記者・大草芳江が活動をつづります

2008年9月24日

日本物理学会(領域13)で弊社取組みを講演しました

カテゴリ:弊社取組み

9月20日(土)から23日(火)まで、岩手大学にて開催された、
日本物理学会・秋季大会にて、弊社取組みを講演して参りました。

講演タイトル(領域13)
「若手研究者と学生主体のNPO法人 natural scienceの取組み」

080923-01.jpg

日本物理学会は、会員数は約2万人と、日本最大規模の学会です。
自然科学の学会として、日本で最初に創立された学会なのだそう。

日本物理学会では、国内の大学を会場として、
毎年、春と秋に全国規模の学術講演会を開催しています。

素粒子・核物理・宇宙線などの6領域と、物性を中心とした13領域があり、
全国から集まった約5000 人の研究者たちにより、
3,600件におよぶ講演と討論が行なわれます。

講演では、過日主催いたしました「第1回 natural science シンポジウム」を具体例に、
「natural science」の活動の前提となるスタンスについてお話いたしました。

080920-02.jpg

詳しい内容につきましては、現在報告をまとめておりますので、
後日ご紹介できるかと思いますが、「natural science」が成立している
社会背景も含め、体系的に取組みの説明をしていく必要性を感じた学会でした。

080923-02.jpg

質疑応答は講演終了後も約20分ほど続き、
また、日本物理学会が発行する「大学の物理教育」誌へも執筆することになりました。

社会背景から、体系的に説明すること。
わたし自身の今後の課題となりそうです。


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 日本物理学会(領域13)で弊社取組みを講演しました

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://field-and-network.jp/mtos/mt-tb.cgi/3353





記者ブログ



カテゴリ


取材先一覧

■ 幼・小・中学校

■ 高校

■ 大学

■ 国・独立行政法人

■ 自治体

■ 一般企業・団体


宮城の新聞
仙台一高
宮城の塾
全県一学区制導入宮城県内公立高校合同説明会をレポ
宮城の人々