(0)
2019年 10月 14日 ()
記者ブログ
記者・大草芳江が活動をつづります

2008年3月11日

国際宇宙ステーション(ISS):いよいよ打ち上げ

カテゴリ:時事ネタ

国際宇宙ステーション(ISS)の日本実験棟「きぼう」の第1便を運ぶ、
NASAのスペースシャトル「エンデバー」が、11日午前(日本時間同日午後)、
ケネディ宇宙センターから打ち上げられます。

日本人宇宙飛行士である土井隆雄さん(53)が搭乗し、
日本初の有人宇宙拠点の建設着手という大役を担います。

(ちなみに土井さんのシャトル搭乗は、1997年11月以来2度目だそう)

実はこのISS、条件がそろえば、日の出前と日没後の2時間ほどの間、
地上から肉眼で見ることができるそうなんです。

ISSやスペースシャトルが、いつ、どの方角に見えるかという情報は、
JAXA(宇宙航空研究開発機構)のホームページに掲載されています。

国際宇宙ステーション/スペースシャトルを見よう

「宮城の新聞」をいつもご愛顧頂いている、とある読者の方から、
ISSの撮影に成功、とのご報告メールを頂きました。

iss80217n.gif

※アニメーションをご覧になりたい方は、上記写真をクリックして下さい。

2月17日17時45分から撮影。
2秒露出のため、実際は点状に見えているものが線状に写っているそうです。
gifアニメにして頂いているので、その動きがとてもわかりやすいですね。

「天体観測が趣味の私としては,人工物である人工衛星はノイズであるわけですが,
この光の点に人が乗っていると思うと連帯感が沸いてきます」とのコメントを頂きました。

確かに、遠い宇宙の話を、ぐっと身近に感じます。

ISS打ち上げまで、あと約3時間、です。

カテゴリ: 時事ネタ  

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 国際宇宙ステーション(ISS):いよいよ打ち上げ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://field-and-network.jp/mtos/mt-tb.cgi/224





記者ブログ



カテゴリ


取材先一覧

■ 幼・小・中学校

■ 高校

■ 大学

■ 国・独立行政法人

■ 自治体

■ 一般企業・団体


宮城の新聞
仙台一高
宮城の塾
全県一学区制導入宮城県内公立高校合同説明会をレポ
宮城の人々