(0)
2017年 11月 21日 (火)
記者ブログ
記者・大草芳江が活動をつづります

2012年8月21日

メンバーの快挙(ナノアプリ世界大会3位、きき酒選手権全国大会出場)で贅沢なお祝い続き&海外出張報告会

カテゴリ:弊社取組み

最近、メンバーの皆々さまによる「快挙」が続いたおかげで、
私も、美味しいお酒をたくさん飲ませてもらっています。

20120821_01.jpg

そのお祝いに、今回のお酒はなんと!
全国鑑評会出品酒の大吟醸6本(うち、金賞受賞タンク3?4本)と、超豪華!!

箱を見るだけで、テンションが上ります。
阿部酒店で偶然居合わせたお客さんも、箱を見てびっくり・興奮してました。

その「快挙」とは・・・

まず一つ目が、「natural science ものづくり講座」学生講師陣チームが、
北京で行われた「国際ナノ・マイクロアプリケーションコンテスト」世界大会にて第3位!

20120821_03.jpg

メンバーそれぞれ得意分野が全く異なるのですが(写真以外にもメンバーがいます)、
本当に誇張表現ではなく、たとえ1人欠けても、この結果は生まれなかったようです。

※昨日の河北新報でも取り上げていただきました。
「仙台のものづくり講座チーム快挙 ナノアプリ世界大会で銅」(河北新報:2012/08/20)

もう一つの「快挙」は、弊社代表が「宮城県きき酒選手権大会県大会」決勝にて準優勝!
(全問正解でしたが、もう一人と同点で、くじ引きの結果、2位に) 全国大会出場です!

20120821_05jpg.jpg
(写真提供:萩野酒造の曜平さん)

大会前日、サイエンスデイAWARD交流パーティーで余ったお酒で一人練習していましたが、
その成果もあったようです。これでやっと、単なる呑兵衛ではないことが、証明されましたね。

20120821_04.jpg
(写真提供:萩野酒造の曜平さん)

宮城県酒造組合が年に1度開催する、このきき酒大会を、毎年とても楽しみにしています。
今年はメンバー5名が参加。きき酒は普通、飲んだら吐きますが、うちは皆、ゴックン派。

今回、80点以上の人には、「宮城県きき酒道」の段位認定証が与えられました。
うちからは、ゴックン派5名中4名が、有段者となりました(私も88点で初段でした)。

しかし、毎年Yくんだけが、一度も段位を獲得できていません(杜氏の孫なのに)。
じっちゃんの名にかけて、もっと酒業を積まねばなりませんね。

20120821_02.jpg

そういうわけで、お祝いに、美味しいお酒を飲ませてもらったわけなのです。
(ちゃんと、お酒でもらったお金は、お酒に還元されております)

・黄金澤 大吟醸 (金賞受賞タンク)←9年連続金賞受賞は全国でも極わずか。
・瞑想水 大吟醸 (金賞受賞タンク) 
・白露垂珠 大吟醸 (金賞受賞タンク)←出羽燦々。鑑評会で山田錦じゃないのが珍しい。
・日高見 大吟醸 (金賞受賞タンク?) 
・萩の鶴 大吟醸 (入賞受賞タンク)
・乾坤一 大吟醸

ところが、早寝早起きがみごと習慣化されたせいか、単に疲れが溜まっていたせいか、
各自からの海外出張(スイス、中国、フランス)報告・おみやげ披露前に眠てました・・・。

20120814_01.jpg

これとは別に、お祝いなどで、大好きな「すし哲」のお寿司のご馳走が月2回、という贅沢。
だいぶ贅沢続きなので、バチの当たらぬよう、しばらく玄米と納豆で凌ぎたいと思います。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: メンバーの快挙(ナノアプリ世界大会3位、きき酒選手権全国大会出場)で贅沢なお祝い続き&海外出張報告会

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://field-and-network.jp/mtos/mt-tb.cgi/12956





記者ブログ



カテゴリ


取材先一覧

■ 幼・小・中学校

■ 高校

■ 大学

■ 国・独立行政法人

■ 自治体

■ 一般企業・団体


宮城の新聞
仙台一高
宮城の塾
全県一学区制導入宮城県内公立高校合同説明会をレポ
宮城の人々