(0)
2019年 11月 19日 (火)
記者ブログ
記者・大草芳江が活動をつづります

2009年2月20日

ものづくり講座(ロボット教室)、もう少しで定員いっぱいに

カテゴリ:弊社取組み

NPO法人natural science」では、小学生・中学生を対象とした
実践型科学実験工作教室「ものづくり講座」を毎週木・金に開講しています。

今月から小学校低学年でも受講可能となり、早速、もう少しで定員いっぱいになります。

090220_02.jpg

ものづくり講座」では障害物を避ける自走型ロボット製作を通じて、
物理・数学やプログラミング言語などの科学的知識、工作器材の使い方や
トラブルシューティング能力などの工作技術を養うことで、

初心者からものづくり上級者まで、ものづくりを通じて、
「論理的思考力」と「洞察力」、すなわち「科学的思考力」を養うことを目的としています。

090220_04.jpg

教室をのぞいてみると、子ども達がお互いに教えあっている姿が見られました。

090220_03.jpg

「LEDと抵抗、どっちを先につけたの?」
教えることが、一番の勉強になりますね。

本講座では、部品を組み立てればロボットが完成するキット商品は用いずに、
自ら障害物を探知し回避する自走型ロボットの製作を行います。

半田ごてを用いて電子回路を作成するハードウェア、
コンピュータによるプログラミングによりアルゴリズムを学ぶソフトウェア、
1年間(全40講座80時間+補講)で、その両方を一から学ぶ講座です。

090220_06.jpg

こちらは、ものづくり講座歴10ヶ月のベテラン、高学年の皆さん。

090220_01.jpg

彼の目標は、いすの周りを一周すること。
モーター制御のプログラムを勉強中。

まずは、プログラムのひな型をいじりながら、
プログラムの内容とロボットの動きの対応を探っています。

090220_05.jpg

もちろん1年かけなくても、つくろうと思えばロボットそのものはつくれます。
現に、部品を組み立てればロボットが完成するキット商品は世の中にたくさんあります。

しかし本講座の目的は「ロボットをつくること」ではなく、
「自分の力だけで自走型ロボットをつくれる総合的な力をつけること」。

ロボットを自分でつくれるだけの総合的な力とは、
①数学や物理、技能などの分野間のつながりを納得しながら構築できること
②アルゴリズムを構築し、効率的な問題解決ができること

すなわち、論理的思考力や問題解決力を、「ロボットをつくる」という
自然なモチベーションから、なめらかに育むことを目指した講座です。

また、ロボット制作を行う過程で、
電流・電圧の知識や、プログラミングの仕組みなど、
中学校、高等学校で学ぶ物理や数学の概念を学ぶことができます。

最近は、natural science メンバーで、東北大医学系院生の福島さん
(自称:物理系は全くの素人)も、見習いとして「ものづくり講座」に挑戦。

そのプロセスを、「大人も愉しむ」というシリーズで報告しています。
詳しくは、「NPO法人natural science」 のHPをご覧下さい。

カテゴリ: 弊社取組み   (タグ: ,

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ものづくり講座(ロボット教室)、もう少しで定員いっぱいに

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://field-and-network.jp/mtos/mt-tb.cgi/6327





記者ブログ



カテゴリ


取材先一覧

■ 幼・小・中学校

■ 高校

■ 大学

■ 国・独立行政法人

■ 自治体

■ 一般企業・団体


宮城の新聞
仙台一高
宮城の塾
全県一学区制導入宮城県内公立高校合同説明会をレポ
宮城の人々