(0)
2019年 08月 26日 ()
記者ブログ
記者・大草芳江が活動をつづります

2009年2月15日

「もしかして、宮城の新聞さんですか?」

カテゴリ:ひとり新聞社

先日、仙台商工会議所主催トークセッション「eタウンバスで仙台を元気に!!」の
取材で会場を訪れたとき、とある新聞社の記者さんから、こう声をかけられました。

「もしかして、宮城の新聞さんですか?」

ひとり新聞社「宮城の新聞」、勝手に新聞を名乗り始めてから約1年。

そんな「宮城の新聞」が、既存の新聞社から、
はじめて新聞社扱いして頂いた、記念すべき一言でした。

記念ついでに、ひとり新聞社「宮城の新聞」が、
新聞として認められていく(?)軌跡を振り返ってみます。

2008.02 宮城県広報誌「みやぎの人材育成通信 JIN-TSU」に「関連記事」として掲載
2008.02 ドイツ外務省欧州担当国務大臣への取材で「For newspaper?」と聞かれる
2008.03 仙台市博物館「仙台学術遊泳2007」へ写真を提供
2008.05 仙台一高パンフレット制作に初「外部アドバイザー」として企画会議に参加
2008.07 仙台一高へ学校説明会データに写真を提供
2008.09 東北大学「杜の都女性科学者ハードリング支援事業」に「報道記録」として掲載
2008.10 東北大学「杜の都女性科学者ハードリング支援事業」に「報道記録」として掲載
2008.10 東北大学「サイエンス・エンジェルブック(仮)」へ写真と記事を提供
2009.01 東北大学スプライト観測衛星の「記者会見」に初めて参加する
2009.02 「キャンパスベンチャーグランプリ東北」で「プレス席」に初めて座る
2009.02 本物の新聞記者に「宮城の新聞さん」と声をかけられる

思い出せる範囲では、以上です。

ちょうど一年前のブログに、

"いつか「宮城の新聞」も、どこかの会社のパブリシティに掲載されたら、
それって、新聞として認識してもらえた、ってことになりますよね。"

と書いてありましたが、とりあえずはそこはクリアしたことになりそうです。

これからも、「宮城の新聞」として、一歩一歩、階段を登っていきたいと思います。

カテゴリ: ひとり新聞社  

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「もしかして、宮城の新聞さんですか?」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://field-and-network.jp/mtos/mt-tb.cgi/6287





記者ブログ



カテゴリ


取材先一覧

■ 幼・小・中学校

■ 高校

■ 大学

■ 国・独立行政法人

■ 自治体

■ 一般企業・団体


宮城の新聞
仙台一高
宮城の塾
全県一学区制導入宮城県内公立高校合同説明会をレポ
宮城の人々