(0)
2019年 11月 19日 (火)
記者ブログ
記者・大草芳江が活動をつづります

2008年2月10日

ネギから根がでてきました。

カテゴリ:閑話

うどんを食べようと、ネギを切ろうとしたら、
なんと、

080209-02.jpg

根っことは反対側から、根が生えていました。

080209-01.jpg

しかもよく見てみると、内側から根が出てきています。

そこで皮をむいてみると…

080209-03.jpg

このように、自分の皮の内側で、根が伸びてきていました!

ちなみに本来根だった部分はどうかといいますと、

080209-05.jpg

このように、途中までは普通に生えてきた形跡があります。

ついつい嬉しくなってしまって、これらの現象について、
毎週土曜日にディスカッションしている研究者たちと、
どうしてこうなったのかをあれこれと考えていました。

まず、反対側から根が生えていた理由については、
上下逆にして保存していたため、重力に反応する何かによって、
重力方向に屈折したようだ、ということまではよく知られている事実。

(けれどもそのメカニズムについては、未だに解明されていないそうです)

080209-04.jpg

そこである研究者が言いました。
「このネギは、わざわざ自分の体内を突き破って、根を生やしてきているのだ。面白い!」と。

途中まで出てきた根をそのまま伸ばして、
重力方向へ屈折していたのなら、外側に根が生えてきているはず。

わざわざ途中まで生えていた根を中断し、
自らの体を突き破ってまで、体内に根を生やした理由は何なのだろう?

う~んと考えていると、そこで例の研究者曰く、

「根は、水を非常に吸収しやすい性質がある。
ということは反対に、乾燥に弱いと言うこともできるよね。
だから根をこのまま伸ばしてしまうと、わざわざ乾燥させに行くことになるから、
湿った土が根のまわりにない場合は、比較的湿度の高い、
自分の体内で根を伸ばすことで、乾燥を避けているのでは?」

しかもさ、この切っちゃった根っこの部分、切らずに残して育ててみれば、
どういう風に地上部が育つのか非自明で、面白そうだったのに、もったいない!
と私を責める研究者。

う~ん、半分は納得がいくけども、
でも半分、どこか合理的じゃない印象があるなぁ…

と、その切っちゃった根っこの部分を観察してみると…

080209-07.jpg

あ!よく見てみると、ネギの外側の部分から、
薄い皮 → 根のような細胞 → やや薄めの皮 → 半分根のような細胞 ・・・
というように、規則性を確認できませんか?

中心の芯部分と、それ以外の細胞って、
形も違うし、なんだか役割が違いそうですよね。

あれ、もしかするとネギって
地上部の細胞のうち、真ん中の芯みたいなところ以外の部分すべてが、

後々は、地上部(茎や葉や花)にも、地下部(根)にも、
どちらにもなれるような性質をもっているのかもしれません!

つまり環境の条件によって、一度地上部に分化したネギでも、
これからさらに地上部を伸ばして地上戦を勝ち抜くのか、
それともやっぱり根を広げて地下戦を勝ち抜くか、
トレードオフの関係で、どちらかの戦略を選んでいるのかも…

今回は、暗い冷蔵庫にずっと放置していたので、例えば暗さに反応して、
外側の細胞から順に、地上部の細胞が、根に分化していくようなスイッチが
入ったのかもしれません。

また本来のように土の中ならば、外側の薄皮が乾燥等で剥がれて、
根が外側に出くるのでしょうが、今回はラップを巻いていたこともあって、
外側の薄皮が乾燥して剥けるより早く、根の方が伸びていったような印象です。

ということはつまり、今回の「ネギから根がでてきた」事件、
根はネギの体内を突き抜いて伸びたのではなく、
単に地上部の細胞が根に分化した、というように考えることができるのでは…??

う~ん・・・

あ!!

うどん、茹でっぱなしだったっ!!

お鍋のお湯は、ぎりぎり残っていました…
よかった、よかった。

とりあえず、うどんは無事?!完成しました。
本日は、はっと風のうどんです。

カテゴリ: 閑話  

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ネギから根がでてきました。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://field-and-network.jp/mtos/mt-tb.cgi/200





記者ブログ



カテゴリ


取材先一覧

■ 幼・小・中学校

■ 高校

■ 大学

■ 国・独立行政法人

■ 自治体

■ 一般企業・団体


宮城の新聞
仙台一高
宮城の塾
全県一学区制導入宮城県内公立高校合同説明会をレポ
宮城の人々