(0)
2018年 02月 21日 (水)

宮城の新聞 最新記事

【オンリーワン企業がオンリーワンたる所以を探る Vol.10】八戸の地で、日本一の修理屋を目指す/ハード工業有限会社(青森県八戸市)社長の山形虎雄さんに聞く

スクリーンショット 東北・新潟地方には、一般には認知度が高くないものの、ニッチ分野で日本・世界トップクラスの高いシェアと収益等を有するオンリーワン企業が数多く存在する。オンリーワン企業がオンリーワンたる所以を探るべく、青森県八戸市に本社を構えるハード工業を訪ねた。 [詳細]


【オンリーワン企業がオンリーワンたる所以を探る Vol.09】高級腕時計ケースの「美しいものづくり」をベースに事業を多角化。最終目的は「いいものをつくる」こと。/林精器製造(福島県須賀川市)社長の林明博さんに聞く

スクリーンショット 東北・新潟地方には、一般には認知度が高くないものの、ニッチ分野で日本・世界トップクラスの高いシェアと収益等を有するオンリーワン企業が数多く存在する。オンリーワン企業がオンリーワンたる所以を探るべく、福島県須賀川市に本社を構える林精器製造を訪ねた。 [詳細]


【オンリーワン企業がオンリーワンたる所以を探る Vol.08】秋田の地で磨かれた技術で、業務用納豆国内シェアNo.1/ヤマダフーズ(秋田県仙北郡美郷町)社長の山田伸祐さんに聞く

スクリーンショット 東北・新潟地方には、一般には認知度が高くないものの、ニッチ分野で日本・世界トップクラスの高いシェアと収益等を有するオンリーワン企業が数多く存在する。オンリーワン企業がオンリーワンたる所以を探るべく、秋田県美郷町に本社を構える「おはよう納豆」でおなじみのヤマダフーズを訪ねた。 [詳細]


宮城の塾

3年間に渡る取材を通して痛感した。一口に塾と言っても、塾の使命と言われる「成績向上・志望校合格」の位置づけやその実現プロセスは、想像以上に多様である。本特集では、ここ宮城における塾の多様な教育スタイルを直接取材することで、塾から見える宮城の教育の「今」を探り、その結果浮かび上がる塾の多様性を、塾選びの一助として地域に提供することを目指す。

コラボレーション

ハワイ惑星専用望遠鏡を核とした惑星プラズマ・大気変動研究の国際連携強化)×宮城の新聞
東北大学工学系女性研究者育成支援推進室(ALicE)×宮城の新聞
宮城の新聞×東北大学理学部物理系同窓会泉萩会
KDDI復興支援室×宮城の新聞インタビュー
宮城の新聞×東北大学大学院 理学研究科 地学専攻 塚本研究室
宮城の新聞×生態適応グローバルCOE

おすすめ

【特集】宮城の研究施設

一般公開特集

【特集】仙台市総合計画審議会
参加レポート

仙台の10年をつくる

【社会】社会って、そもそもなんだろう?



【社会】社会って、そもそもなんだろう?の記事一覧


カテゴリ


取材先一覧

■ 幼・小・中学校

■ 高校

■ 大学

■ 国・独立行政法人

■ 自治体

■ 一般企業・団体


宮城の新聞
仙台一高
宮城の塾
全県一学区制導入宮城県内公立高校合同説明会をレポ
宮城の人々