(0)
2019年 07月 19日 ()
記者ブログ
記者・大草芳江が活動をつづります

2010年1月 5日

日本人3人目のISS長期滞在搭乗員・古川宇宙飛行士が仙台に 1月9日「JAXAタウンミーティング」@仙台市天文台

カテゴリ:読者投稿

日米欧、ロシア、カナダの15カ国が進める、国際宇宙ステーション(ISS)計画。

宇宙飛行士の若田光一さんが日本人初の長期宇宙滞在を成し遂げたのに続き、
野口聡一さんも先月、宇宙へ旅立ち、元旦には宇宙から新年の挨拶が届きましたね。

ng_new_year_message_l.jpg
2010年を国際宇宙ステーション(ISS)で迎え、新年の挨拶をする野口宇宙飛行士 (C) 宇宙航空研究開発機構(JAXA)

若田・野口両宇宙飛行士に続いて日本人として3人目となる、
ISS長期滞在予定者(2011年春~)の宇宙飛行士・古川聡さんが
仙台にやってくる1月9日のイベントについて、

宇宙航空研究開発機構(JAXA)広報担当教授の阪本成一さん(※)より、
ご案内をいただきましたので、ご紹介します。
まだ多少の余裕があるようなので、ご興味のある方は、この機会にどうぞ。

※自称「体育会系天文学者」で電波天文学がご専門の阪本さんに関する記事は下記の通り
◆【記事】宇宙を知り地球を知る JAXA取り組み小中学生へ紹介
◆【記者ブログ】「宇宙への挑戦~JAXAの最新の取り組みから~」を取材しました

また、同日程で岩手県大船渡市にて、小中学生向けのJAXAのイベントがあるそうです。
阪本さんは大船渡のイベントに参加するそう。ご興味のある方は、こちらをご覧ください。


<以下、引用文>

「きぼう」で何を探るのか!
「第46回JAXAタウンミーティング」in 仙台の開催について


 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、仙台市天文台と共催で、第46回JAXAタウンミーティングを下記のとおり開催いたします。
 今回は、JAXAの長谷川執行役から、「安全な国際宇宙ステーションのシステム構築に向けて」についての話題を、また、古川宇宙飛行士から、「日本の有人宇宙活動」と題して話題を提供し、皆様と宇宙航空研究開発の意義等について一緒に考え、議論を深めていきます。

名称: 「きぼう」で何を探るのか! 「第46回JAXAタウンミーティング」 in 仙台
主催: 仙台市天文台、宇宙航空研究開発機構(JAXA)
日時: 平成22年1月9日(土) 13:00~15:30
登壇: 長谷川秀夫(JAXA執行役)
    古川聡(JAXA有人宇宙環境利用ミッション本部有人宇宙技術部 宇宙飛行士)
会場: 仙台市天文台 加藤・小坂ホール
    (〒989-3123 仙台市青葉区錦ケ丘9丁目29-32)
電話: 022-391-1300
対象: 高校生以上(定員150名)/事前申込制
費用: 無料
詳細: JAXAホームページをご覧ください

<プログラム>(予定):
13:00 開演・開催挨拶
13:10 JAXA事業概要説明
       タウンミーティングの概要説明
13:25 第一部 話題提供者 長谷川執行役
       ・「安全な国際宇宙ステーションのシステム構築に向けて」
        討論
14:30 第二部 話題提供者 古川宇宙飛行士
       ・「日本の有人宇宙活動」
        討論
15:30 閉会

申し込み方法などの詳細は、JAXAホームページでご確認ください。

カテゴリ: 読者投稿   (タグ: , ,

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 日本人3人目のISS長期滞在搭乗員・古川宇宙飛行士が仙台に 1月9日「JAXAタウンミーティング」@仙台市天文台

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://field-and-network.jp/mtos/mt-tb.cgi/9181





記者ブログ



カテゴリ


取材先一覧

■ 幼・小・中学校

■ 高校

■ 大学

■ 国・独立行政法人

■ 自治体

■ 一般企業・団体


宮城の新聞
仙台一高
宮城の塾
全県一学区制導入宮城県内公立高校合同説明会をレポ
宮城の人々