(0)
2019年 07月 23日 ()
記者ブログ
記者・大草芳江が活動をつづります

2009年10月12日

物理学者の石井武比古さんへのインタビュー記事を公開しました

カテゴリ:お知らせ

一般的に科学というと、「客観的な完成されたもの」というイメージが先行しがちです。
しかしながらそれは、科学の一部であって、全体ではありません。

そこで『宮城の新聞』では、「科学って、そもそも何だろう?」をテーマに、
科学に関する様々な「人」へのインタビューを通して、科学とは何かに迫る特集をしています。

article_20091009-top.jpg

物理学者の石井武比古さん(東京大学名誉教授)へのインタビュー記事を公開しました。

「放射光」の専門家で、日本物理学会会長も務めた石井武比古さんは、
「勉強がよくできるっていうのは、君、それは欠点だよ。
それしかできないと、教授にしかなれないよ。ほどほどに、ほどほどに(笑)」と豪快に笑う。

「医者になれ」と言われていた石井さんだが、結局、物理の教授になった。
「トラップされちゃうのです、物理やりだすと(笑)」と、また石井さんは笑う。

「科学とはそもそも何か」や教育についてはもちろんのこと、
和歌山毒入りカレー事件の化学分析にも使われた「放射光」についても、
エピソードを交えながら、基礎から応用、その歴史まで、幅広くご紹介いただいています。

ishii-san_2.jpg

石井さんは、写真通りの豪快でユーモラスな方。
ユーモアのかげに「そもそも科学とは何か」をそっとのぞかせたロングインタビュー。
ぜひご覧下さい。

◆科学ってそもそも何だろう:物理学者の石井武比古さんに聞く
 「興味を持てなければ、どうしようもない」

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 物理学者の石井武比古さんへのインタビュー記事を公開しました

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://field-and-network.jp/mtos/mt-tb.cgi/8099





記者ブログ



カテゴリ


取材先一覧

■ 幼・小・中学校

■ 高校

■ 大学

■ 国・独立行政法人

■ 自治体

■ 一般企業・団体


宮城の新聞
仙台一高
宮城の塾
全県一学区制導入宮城県内公立高校合同説明会をレポ
宮城の人々