(0)
2019年 12月 09日 (月)
記者ブログ
記者・大草芳江が活動をつづります

2008年6月30日

学習指導要領について調べたことメモ

カテゴリ:調べごと

記事制作にあたっては、
社会背景などを調べることが多いです。

たとえ同じ言葉を使っていたとしても、
他者と同じ認識でその言葉を使っているとは
限らないからです。

そのひとつの手段として、ウェブ検索もよく活用します。

ただ何をどう調べたのか、いつもそのまま忘れてしまうので、
ブログにメモがてら、これから掲載していこうと思います。

本日のテーマは、「学習指導要領」。
そもそも「学習指導要領」って何?

最近、「生きる力」とはよく聞くけれども、
どのような意味でその言葉は使われているのだろう?

学校の先生にとっては当たり前の
「学習指導要領」を、調べてみました。

●そもそも「学習指導要領」とは?

全国のどの地域で教育を受けても、
一定の水準の教育を受けられるようにするため、
文部科学省で定めている、
各学校で教育課程(カリキュラム)を編成する際の基準。

●「学習指導要領の改訂」とよく聞くけど、その変遷は?

「学習指導要領」は、戦後すぐに試案として作られたが、
現在のような大臣告示の形で定められたのは昭和33年のこと。
それ以来、ほぼ10年毎に改訂されてきた。

○ 昭和33~35年改訂
 教育課程の基準としての性格の明確化
(道徳の時間の新設、系統的な学習を重視、
基礎学力の充実、科学技術教育の向上等)

○ 昭和43~45年改訂
 教育内容の一層の向上(「教育内容の現代化」)
(時代の進展に対応した教育内容の導入)

○ 昭和52~53年改訂
 ゆとりのある充実した学校生活の実現
=学習負担の適正化
(各教科等の目標・内容を中核的事項にしぼる)

○ 平成元年改訂
 社会の変化に自ら対応できる心豊かな人間の育成
(生活科の新設、道徳教育の充実等)

○ 平成10~11年改訂
 基礎・基本を確実に身に付けさせ、
 自ら学び自ら考える力などの「生きる力」の育成
(教育内容の厳選、「総合的な学習の時間」の新設等)

●現在の学習指導要領はどんな内容?

子どもたちに基礎的・基本的な内容を確実に身に付けさせ、
自ら学び自ら考える力などの「確かな学力」、
「豊かな人間性」、「健康や体力」などの
「生きる力」を育むことをねらいとし、

具体的に行われた見直しは、

1. 教育内容を厳選し、習熟度別指導など一人一人の子どもに応じた
   「わかる授業」を行うことにより、基礎・基本を確実に習得させる

2. 総合的な学習の時間」などを通じた体験的・問題解決的な学習を行う

3. 中・高等学校では、選択学習の幅を一層拡大し、
   生徒の興味・関心等に応じて、発展的な学習などを行う

●「生きる力」とは?

子どもたち一人一人が自ら個性を発揮し、
困難な場面に立ち向かい、未来を切り拓いていく力

そのために必要なのが、
・自ら学び自ら考える力などの「確かな学力」、
・他人を思いやる心や感動する心などの「豊かな人間性」、
・たくましく生きるための「健康や体力」
などの「生きる力」

学校では、社会に出た後も生涯学び続けることができる
基礎的な資質や能力を育むことを重視

●「確かな学力」とは?

・基礎的・基本的な「知識や技能」
・「学ぶ意欲」や「思考力・判断力・表現力など」を含めた幅広い学力

【今の日本の子どもたちの課題】
・(産業界からの指摘) 論理的思考力や問題発見力、行動力・実行力
・(国際的な学力調査からの指摘) 学ぶ意欲や判断力、表現力
日本の教育問題について (Wikipedia)

●出典
文部科学省 よくある質問と回答

カテゴリ: 調べごと   (タグ:

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 学習指導要領について調べたことメモ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://field-and-network.jp/mtos/mt-tb.cgi/289





記者ブログ



カテゴリ


取材先一覧

■ 幼・小・中学校

■ 高校

■ 大学

■ 国・独立行政法人

■ 自治体

■ 一般企業・団体


宮城の新聞
仙台一高
宮城の塾
全県一学区制導入宮城県内公立高校合同説明会をレポ
宮城の人々