(0)
2017年 08月 21日 (月)
記者ブログ
記者・大草芳江が活動をつづります

2011年5月11日

学都「仙台・宮城」サイエンス・デイ2011のWEBサイトを公開しました

カテゴリ:お知らせ

学都「仙台・宮城」サイエンス・デイ2011のWEBサイトを公開しました。

学都「仙台・宮城」サイエンスデイは、
知的好奇心がもたらす心豊かな社会の創造にむけて、
現代社会では実感する機会の少ない科学や技術のプロセスを、
こどもから大人まで五感で感じられる場づくりを目指して始めた活動です。

このような場づくりを通じて、既存の枠組みを超えた多様な人と人の思いが
共鳴しつながることを願って、古くより学都として知られる仙台・宮城の地で
歩みを始めて本年度で4回目を迎えます。

2011-top2.gif

【名称】 学都「仙台・宮城」サイエンス・デイ2011
【日時】 2011年7月10日(日)9:00~17:00
【会場】 東北大学川内北キャンパス講義棟
【主催】 特定非営利活動法人 natural science
【共催】 東北大学、産業技術総合研究所東北センター
【対象】 こどもからおとなまでどなたでも
【費用】 無料

社会の成熟化に伴い、科学や技術はブラックボックス化し、わたしたちは便利さと引き換えに、
科学や技術のプロセスを五感で感じられる機会を失ってきました。

しかし、それら科学や技術をつくるのは、当然のことながら人であり、
試行錯誤のプロセスがあり、そこには人の思いがあります。

その思いが科学や技術はもちろんのこと、わたしたちの社会をつくる原動力となることは、
どんなに大きな環境の変化があっても変わらないはずです。

そして、その思いは共鳴し合うことで大きくなり、わたしたち一人ひとりが困難に立ち向かい、
心豊かな社会をつくる原動力となることを、わたしたちは信じています。

学都「仙台・宮城」サイエンスデイが、
科学や技術のプロセスを五感で感じられる場づくりを通して、
既存の枠を超えた多様な人と人の思いが共鳴し合いつながる場となること、
そして知的好奇心がもたらす心豊かな社会の創造に資することを願い、
本年度も学都「仙台・宮城」サイエンスデイを開催いたします。

本年度も継続して開催することができましたのも、
ひとえに皆さまのご理解・ご協力の賜物と深く感謝申し上げます。
この場づくりに、皆さまのご協力をお願い申し上げます。

詳しくは、サイエンスデイのWEBサイトをご覧いただけると幸いです。
準備時間は少し短いですが、これから開催までの2ヶ月間、
自分にできることを一歩一歩積重ねていければと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリ: お知らせ   (タグ:

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 学都「仙台・宮城」サイエンス・デイ2011のWEBサイトを公開しました

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://field-and-network.jp/mtos/mt-tb.cgi/10130





記者ブログ



カテゴリ


取材先一覧

■ 幼・小・中学校

■ 高校

■ 大学

■ 国・独立行政法人

■ 自治体

■ 一般企業・団体


宮城の新聞
仙台一高
宮城の塾
全県一学区制導入宮城県内公立高校合同説明会をレポ
宮城の人々