(0)
2019年 11月 16日 (土)
記者ブログ
記者・大草芳江が活動をつづります

2010年2月 8日

東北電力中央給電指令所長の中野さんインタビュー記事を公開しました

カテゴリ:お知らせ

それぞれの「人」が、それぞれの前提から、それぞれの思いで、
試行錯誤してつくったプロセスあっての結果が、
総和として、今のわたしたちの社会をつくっています。

しかしながら、複雑化・細分化した成熟社会の今、そららの前提やプロセスを、
リアリティーを感じながら認識することが、なかなか難しいと感じています。

そこで『宮城の新聞』では、「社会って、そもそもなんだろう?」をテーマに、
それらの前提やプロセスをつくる、いろいろな立場の「人」のリアリティーを通して、
わたしたちの社会を可視化していくことを目指す特集を行っています。

nakano-san_600px_1.jpg

そのうちサブテーマ「エネルギーって、そもそもなんだろう?」で、電力会社を取材中です。

その第一弾として、東北電力中央給電指令所長の
中野さんインタビュー記事を、本日公開しました。

電力会社では、わたしたちが使う電気の量の変動に応じて、
瞬間ごとに発電する量をうまくバランスさせているそうです。

東北全体で、そのコントロールをしている場所が、
中野さんが所長を務める、中央給電指令所。

最近は何でもハイテクな時代、すべて自動化されているのかと思いきや、
人も3交代24時間体制で、この電気の流れをコントロールしているそう。

もちろん、最先端の制御システムも駆使してコントロールするわけですが、
それでも人の制御が必要になる場面があるということでした。
(そのあたりは、メイン記事をご覧ください)

仮に、このコントロールが狂った場合、
電圧や周波数をうまく維持することができなくなって、
家庭や産業の電気器具・機器に、悪影響を及ぼします。

「周波数は常に50Hzなのが当たり前!」(西日本なら60Hz)
と、わたしたちは、ついつい思い込みがちですが、
それは、コントロールあっての結果なのですね。

ところで、そもそもなぜ、わざわざ瞬間ごとに発電する量を
コントロールする必要があるのでしょうか?

例えば、ちょっと多めにつくって置いた電気や、夜間に余った電気を、
足りなくなった分にまわせば、楽だし効率も良い気がします。

けれども実は「そもそも電気は、電気エネルギーのままでは貯めておくことができない」(※)
のがポイントで、貯めておくにしても、別のエネルギーに変える必要があります。

※「あれ?でも例えば蓄電池などで電気を貯められるのではないの?」と疑問に思った方
→例えば蓄電池は、電気エネルギーを化学エネルギーに変えて、電気を貯めています。
 ちなみに乾電池は、その逆方向(化学エネルギーを電気エネルギーに変換)だけ可能。

※電気があまり使われない夜に、原子力発電所などの電気を使い、
  電気エネルギーを水の位置エネルギーに変えて電気を貯める
 「揚水(ようすい)発電」はあるそう。東北では揚水式第二沼沢発電所(福島県)。

確かに、よくよく最近のニュースなどを聞いていると、
電気自動車などのエコカーや、太陽光発電などの新エネルギーの分野で、
これから重要な鍵を握るのは、電気を貯める技術(蓄電・充電技術)だ、
と言われていますね。

<追記>
また最近は、情報通信技術を駆使し電力網を高機能化する
「スマートグリッド(次世代電力網)」も、ホットな話題のようです。

「スマートグリッド」を目指す理由(事情)は、
どうやらアメリカと日本では少し異なるようですが、日本の場合、
太陽光発電などの新エネルギーが増えることへの対応があるようです。

例えば、これまでは電気を受け取るだけだった家庭や事務所が、
これからは太陽光発電などの新エネルギーで発電した電気を、
電力網を通じて、電力会社に販売するようになります。
(これを「電気の逆潮流」と呼んでいるそうです)

ただ、太陽光発電などの発電量は、天候などに左右され不安定です。
不安定な「電気の逆潮流」が増える分、電気の需要と供給のバランスを
とることが難しくなるため、これまで以上の高度さでネットワークを
コントロールする技術が求められていく、ということのようです。

このあたりも、よくよく見ていくと、教科書だけでは実感できない
「エネルギーって、そもそもなんだろう?」が見えてくるかもしれません。

nakano-san_3.jpg

インタビュー記事では、東北電力中央給電指令所所長の中野さんという
立場から見える、「社会とは、そもそも何か」を伺っています。

そんな中野さん曰く、「電気は生き物だ」と。

いつでも・どこでもエネルギーを使えるのが当たり前、の世界に生きるわたしたちは、
「常に一定であること」がデフォルトだろうと、ついつい思ってしまいがちです。

けれども、その「常に一定であること」を保つために、
(それこそ何らかのエネルギーをかけた)コントロールが常に必要だ、というところに、
「社会って、そもそも何だろう?」「エネルギーって、そもそも何だろう?」
の本質が見えてくるような気がします。

東北電力中央給電指令所長の中野さんへのインタビュー記事は、こちらをご覧ください。

カテゴリ: お知らせ   (タグ: , , ,

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 東北電力中央給電指令所長の中野さんインタビュー記事を公開しました

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://field-and-network.jp/mtos/mt-tb.cgi/9253





記者ブログ



カテゴリ


取材先一覧

■ 幼・小・中学校

■ 高校

■ 大学

■ 国・独立行政法人

■ 自治体

■ 一般企業・団体


宮城の新聞
仙台一高
宮城の塾
全県一学区制導入宮城県内公立高校合同説明会をレポ
宮城の人々