(13750)
2019年 11月 21日 (木)
連載エッセイ 風に立つ

(12)揺るぎ無い挑戦者魂

 工学系大学院に5年在籍した。前期の2年は実験装置の製作に費やした。ガスタービンは高温の回転翼に細孔を穿ち、これに水を流して冷却する。装置はこれを模したものである。後期課程の3年間は実験に明け暮れた。実験ではH技官の協力を得た。
 ある日実験データが原因不明のバラつきを示した。私とHは次々にアイデアを出し合って原因を探した。しかし何の進展もなく二ヶ月が過ぎた。私は気力が萎えて来た。しかしHはひるまなかった。ある日彼は「装置が目に見えない振動をしているのではないか」と言い出した。半信半疑の私を尻目に、装置のあちこちに木のくさびを打ち込んだ。再実験をして見るとデータのバラつきはピタリと止んだ。Hの背中は、何が私に欠けていたかを、無言で語っていた。

南部 健一  (東北大学名誉教授、2008年紫綬褒章受章)
ひのき進学教室特別講師
南部 健一 (東北大学名誉教授、2008年紫綬褒章受章)
なんぶ・けんいち
1943年金沢市生まれ。工学博士、東北大学名誉教授。百年余学界の難問と言われたボルツマン方程式の解法を1980年、世界で初めて発見。流体工学研究に関する功績が認められ、2008年紫綬褒章受章。

バックナンバー

取材先:     

▲このページのトップHOME


コラボレーション

東北大学工学系女性研究者育成支援推進室(ALicE)×宮城の新聞
宮城の新聞×東北大学理学部物理系同窓会泉萩会
公益財団法人東北活性化研究センター『”キラリ”東北・新潟のオンリーワン企業』Collaboration連載企画
ハワイ惑星専用望遠鏡を核とした惑星プラズマ・大気変動研究の国際連携強化)×宮城の新聞
宮城の新聞×東北大学大学院 理学研究科 地学専攻 塚本研究室
KDDI復興支援室×宮城の新聞インタビュー
宮城の新聞×生態適応グローバルCOE

おすすめ記事

【特集】宮城の研究施設

一般公開特集

【特集】仙台市総合計画審議会
参加レポート

仙台の10年をつくる

【教育】教育って、そもそもなんだろう?





カテゴリ の記事一覧

同じ取材先の記事


▲このページのトップHOME

教育って、そもそもなんだろう?
最新5件



カテゴリ


取材先一覧

■ 幼・小・中学校

■ 高校

■ 大学

■ 国・独立行政法人

■ 自治体

■ 一般企業・団体


宮城の新聞
仙台一高
宮城の塾
全県一学区制導入宮城県内公立高校合同説明会をレポ
宮城の人々