(13092)
2017年 04月 25日 (火)
連載エッセイ 風に立つ

(5)決別と旅立ち

 大学院では実験に明け暮れた。ガスタービン羽根の冷却に関する基礎研究だった。研究成果は米国の学会で最高の評価を得、ムーディ賞を受賞した。先生は喜び「大学に残れ。この研究を続けよう」と言った。私は断った。課題の核心部分は解明されており、二番煎じでは心が躍らないから。「好きなことをさせて下さい」と畳み掛けた。間を置いて先生は「何を研究してもよい。ただし国際的に通用する仕事ができなければ、自発的に辞職せよ」と言った。私は直ちにこれを了承し教授室を出た。自由に研究できると思うと心が晴れ晴れした。まもなく私は自分をとりこにする研究課題を探して学問的放浪の旅に出た。勉強一途の旅だった。先生が旅の成果をほめてくれたのは三十八年後だった。先生も今は亡い。

南部 健一  (東北大学名誉教授、2008年紫綬褒章受章)
ひのき進学教室特別講師
南部 健一 (東北大学名誉教授、2008年紫綬褒章受章)
なんぶ・けんいち
1943年金沢市生まれ。工学博士、東北大学名誉教授。百年余学界の難問と言われたボルツマン方程式の解法を1980年、世界で初めて発見。流体工学研究に関する功績が認められ、2008年紫綬褒章受章。

バックナンバー

取材先: ひのき進学教室      (タグ: , ,

▲このページのトップHOME


コラボレーション

ハワイ惑星専用望遠鏡を核とした惑星プラズマ・大気変動研究の国際連携強化)×宮城の新聞
東北大学工学系女性研究者育成支援推進室(ALicE)×宮城の新聞
宮城の新聞×東北大学理学部物理系同窓会泉萩会
KDDI復興支援室×宮城の新聞インタビュー
宮城の新聞×東北大学大学院 理学研究科 地学専攻 塚本研究室
宮城の新聞×生態適応グローバルCOE

おすすめ記事

【特集】宮城の研究施設

一般公開特集

【特集】仙台市総合計画審議会
参加レポート

仙台の10年をつくる

カテゴリ の記事一覧

【科学】科学って、そもそもなんだろう?





【科学】科学って、そもそもなんだろう? の記事一覧

同じ取材先の記事

取材先: ひのき進学教室 の記事一覧


▲このページのトップHOME

ひのき進学教室
最新5件



カテゴリ


取材先一覧

■ 幼・小・中学校

■ 高校

■ 大学

■ 国・独立行政法人

■ 自治体

■ 一般企業・団体


宮城の新聞
仙台一高
宮城の塾
全県一学区制導入宮城県内公立高校合同説明会をレポ
宮城の人々