(18)
2018年 04月 20日 ()

学生がベンチャービジネスプランを提案 キャンパスベンチャーグランプリ東北

2008年2月4日公開

学生によるベンチャービジネスのアイデアや事業プランを競い合うコンテスト「2007キャンパスベンチャーグランプリ東北大会」の表彰式が1日、仙台市のホテルメトロポリタン仙台で行われた。

同コンテストは、次代を担う人材育成と新産業創造を目的に、東北地区4産業人クラブや日刊工業新聞社などが開催。東北6県から21件の応募があった。

最高賞となるCVG東北大賞は、昨年に引き続き該当者がいなかったが、優秀賞には山家創さん(東北大学)と阿部雄太さん(宮城大学)の「フリーソフトへの広告配信モデル」が選ばれた。特別賞となる東北経済産業局長賞には、地元米沢の伝統工芸である藍染めを用いたオリジナルTシャツ販売事業を提案した米沢工業高等学校専攻科の今野あゆみさんら、日刊工業新聞社賞には、地元の複数企業のリソースを用いた教育プログラムの開発を地域の小中学校に提供するモデルを提案した東北大学工学部の八重樫和之さんらが選ばれた。

優秀賞を受賞した阿部雄太さん(宮城大学4年)は、「時間がない中"コンパクトにわかりやすく"に重点をおいて考えをまとめたプランが評価され嬉しい」と話した。

開催者である日刊工業新聞社取締役社長の千野俊猛さんは「本コンテストの審査は厳しく、学生だからといって妥協はしない。社会との接点の中で出てきた評価を面白いと感じてもらえれば。日本はものづくりでしか生きていけない国。多くの大学に参加してもらい、ものづくりと地域の発展のために役立てれば」と話した。

その他の主な受賞は次の通り。

◇奨励賞 「地産地消推進事業(国際教養大学)」 「簡易型農業用具の開発・販売(米沢工業高等学校)」 「見えない監視者~NRDガイドを用いたミリ波帯侵入者(物)感知システム~(東北工業大学)」
◇努力賞 「WEB2.0時代の学習支援ソフト(東北大学)」

【大草芳江】

▲このページのトップHOME


コラボレーション

東北大学工学系女性研究者育成支援推進室(ALicE)×宮城の新聞
宮城の新聞×東北大学理学部物理系同窓会泉萩会
公益財団法人東北活性化研究センター『”キラリ”東北・新潟のオンリーワン企業』Collaboration連載企画
ハワイ惑星専用望遠鏡を核とした惑星プラズマ・大気変動研究の国際連携強化)×宮城の新聞
宮城の新聞×東北大学大学院 理学研究科 地学専攻 塚本研究室
KDDI復興支援室×宮城の新聞インタビュー
宮城の新聞×生態適応グローバルCOE

おすすめ記事

【特集】宮城の研究施設

一般公開特集

【特集】仙台市総合計画審議会
参加レポート

仙台の10年をつくる

【社会】社会って、そもそもなんだろう?





カテゴリ の記事一覧

【教育】教育って、そもそもなんだろう?





【教育】教育って、そもそもなんだろう? の記事一覧

同じ取材先の記事

取材先: 日刊工業新聞社 の記事一覧


▲このページのトップHOME

社会って、そもそもなんだろう?
最新5件

【オンリーワン企業がオンリーワンたる所以を探る Vol.15】高級小型ロックミシン市場で世界トップクラスシェア。使い勝手の良さを追求した「世界初」機能を生み出す開発力で、山形から世界へ/鈴木製作所(山形県山形市)社長の鈴木重幸さんに聞く 2018.03.26
【オンリーワン企業がオンリーワンたる所以を探る Vol.14】国内最大級の電解研磨工場と現場力で、あらゆるめっき・表面処理ニーズに応える/秋田化学工業(秋田県にかほ市)社長の丹野恭行さんに聞く 2018.03.19
【オンリーワン企業がオンリーワンたる所以を探る Vol.13】特殊カシメ接合や高効率モーターコイルのオンリーワン技術で、次世代自動車に革新/アスター(秋田県横手市)社長の本郷武延さんに聞く 2018.03.12
【オンリーワン企業がオンリーワンたる所以を探る Vol.12】超ハイエンドな技術ニーズに応え続け、超精密基板の外観検査装置で世界トップレベル/インスペック(秋田県仙北市)社長の菅原雅史さんに聞く 2018.03.05
【オンリーワン企業がオンリーワンたる所以を探る Vol.11】目には見えない膨大な積み重ねが生み出す、サンタクロース公認除雪機/フジイコーポレーション(新潟県燕市)社長の藤井大介さんに聞く 2018.02.26

■記事一覧を表示
記事カテゴリ > 社会って、そもそもなんだろう?


カテゴリ


取材先一覧

■ 幼・小・中学校

■ 高校

■ 大学

■ 国・独立行政法人

■ 自治体

■ 一般企業・団体


宮城の新聞
仙台一高
宮城の塾
全県一学区制導入宮城県内公立高校合同説明会をレポ
宮城の人々