(13239)
2016年 05月 26日 (木)

電気通信の基礎から最先端研究まで体験/東北大学通研一般公開

2013年10月22日公開

10月12・13の両日に開催された東北大学電気通信研究所(仙台市青葉区)一般公開の様子

 東北大学電気通信研究所(仙台市青葉区)は10月12・13の両日、研究施設を一般公開した。会場となった同所には多くの家族連れらが訪れ、電気通信の基礎的実験から最先端研究まで体験を楽しんだ。

 現在も電子レンジに必ず使われているマグネトロンや、テレビやラジオの受信に欠かせないアンテナ、ビデオテープやハードディスクの開発につながった世界初の磁気記録方式、光通信や半導体素子など、数々の歴史的発明品を世に送り出してきた同研究所。

 一般公開では、これら歴史的発明品の展示とともに、高速光通信やワイヤレスで動かす人工心臓など、最先端技術を体験できる公開実験が行われた。約30ある研究室・施設も公開され、学生らが最先端研究をわかりやすく紹介していた。

水滴が落下するときに帯びる静電気を利用したケルビン発電機の実験

 子どもむけの工作教室では、毎年好評の電池不要ラジオ製作や、電池と磁石を使ってモーターを作る工作などがあった。このうち、水滴で発電する「ケルビン発電機」の実験では、ポタポタ落ちる水滴にたまっている静電気をバケツに蓄えて蛍光灯を点灯させる演示実験に、子どもたちは驚いた様子だった。

 今年度は2年に一度の「片平まつり」も同日開催され、金属材料研究所や加齢医学研究所など、同研究所のほかに7つの附置研究所も一般公開された。

モーター・電池・電線の無い小型人工心臓用ポンプを、磁石を使ってワイヤレスで動かすデモストレーション

電池の要らないゲルマニウムラジオを作る工作教室


取材先: 東北大学      (タグ: ,

▲このページのトップHOME


コラボレーション

ハワイ惑星専用望遠鏡を核とした惑星プラズマ・大気変動研究の国際連携強化)×宮城の新聞
東北大学工学系女性研究者育成支援推進室(ALicE)×宮城の新聞
宮城の新聞×東北大学理学部物理系同窓会泉萩会
KDDI復興支援室×宮城の新聞インタビュー
宮城の新聞×東北大学大学院 理学研究科 地学専攻 塚本研究室
宮城の新聞×生態適応グローバルCOE

おすすめ記事

【特集】宮城の研究施設

一般公開特集

【特集】仙台市総合計画審議会
参加レポート

仙台の10年をつくる

【科学】科学って、そもそもなんだろう?





【科学】カテゴリ の記事一覧

同じ取材先の記事

◆ 東北大学





取材先: 東北大学 の記事一覧


▲このページのトップHOME

科学って、そもそもなんだろう?
最新5件


カテゴリ


取材先一覧

■ 幼・小・中学校

■ 高校

■ 大学

■ 国・独立行政法人

■ 自治体

■ 一般企業・団体


宮城の新聞
仙台一高
宮城の塾
全県一学区制導入宮城県内公立高校合同説明会をレポ
宮城の人々