(7821)
2017年 06月 27日 (火)

物理学を学ぶ価値とは 東北大理学部物理でシンポ

2009年8月6日公開

 物理学を学んだ後、どのような未来が開けるのだろうか。

東北大学理学研究科物理学専攻で開催された「産学連携・キャリアパスシンポジウム」のようす

 物理学を学び、様々な分野で活躍する人から体験談を聞くことで、将来の具体的なイメージを学生に持ってもらおうと、東北大学理学研究科物理学専攻で1日、「産学連携・キャリアパスシンポジウム」が開催された。

 人材を受け入れる側の企業や、物理学で博士号を取得後、学術界や産業界で活躍する研究者や起業家など、6人が講演。物理学を学んで身についた力など、それぞれの経験を語った。

講演会後の懇親会で、ビール片手に意見交換する学生と講演者ら

 研究者で起業した広田克也さん(理研/(株)日本中性子光学代表取締役)は、「研究職に就かないことを人格否定として捉えるのは、もったいない。より向いているところへ移るだけで、伸びていく人も多い」と話し、「研究内容そのものは、就職には役立たない。学んだ研究のやり方が、役に立つ。自分の何を伸ばすべきかを、自分で考えて」と学生に呼びかけた。

 参加した本木裕介さん(博士1年)は、「物理を専攻した人が、どのように能力を生かしたかを知りたいと思い、参加した。いろいろな分野の方の話を聞き、物理一本の方、企業で生かしている方、いろいろな方向があると感じた」と話していた。

 物理学を学ぶ価値とは何か。講演者と学生に聞いた。

【産業界からの視点】石山文彦さん(通信会社研究所勤務)
 自分の経験から、工学ではなく理学で博士号を取得する強みを三つ挙げる。まずは、現象の背景を見抜き、数理論理言語で言語化する力。次に、得体の知れないものをモデル化し、取り扱い可能にする力。そして、ユニバーサルな専門性。エンジニアにはない力だと思う。
 どの業界でも「問題の背景を見ろ」と言われているが、背景を主観的に見る人が多い。背景を客観的に見て、数理論理的言語で議論できると、意見の相違も出ない。

【産業界からの視点】広田克也さん(理研/(株)日本中性子光学代表取締役)
 大学院教育では、問題点を探し、解決する能力が身につくと言われる。理学部では、ものごとを客観的に見る能力、物理学科では定量的に評価できる能力が身につくと考える。このような技量は「特殊能力」で、実は企業経営に必要な能力と似ている。
 客観的に見て、なおかつ定量的に議論ができることは意味のあること。多くの人が主観的に見ようとする時に、客観的かつ定量的に評価することができる。

【学術界からの視点】遠藤基さん(東京大学助教)
 好きだからやっていると、ある意味、それが当たり前になってしまう。我々にとってそれは「なぜ物理を選んだか」では。

【学術界からの視点】大野誠吾さん(東北大学助教)
 前任地では、まわりに工学部出身者が多かった。理学部と工学部の視点は異なると感じている。工学部には「手を動かして、まず作る」スタンスの人が多い。そこに「一歩踏み止まって考える」理学部の視点がマッチすると、研究が進めやすい。

【学生からの視点】本木裕介さん(博士1年)
 物理で身につく能力が特殊と言われても、まだ自分の中では実感が湧かない。社会に出て、自分がやってきたことが、どのように生かせるかがわからないから、今回参加した。

【先生からの視点】平山祥郎さん(東北大学教授)
 まわりも物理なので気付きづらいが、学んでいることが「特殊能力」になっていることは確か。学生の皆さんには、自信を持っていただきたい。

【本記事は、東北大学理学部物理系同窓会「泉萩会」とのタイアップ企画となります】

取材先: 東北大学      (タグ: , , , ,

▲このページのトップHOME


コラボレーション

ハワイ惑星専用望遠鏡を核とした惑星プラズマ・大気変動研究の国際連携強化)×宮城の新聞
東北大学工学系女性研究者育成支援推進室(ALicE)×宮城の新聞
宮城の新聞×東北大学理学部物理系同窓会泉萩会
KDDI復興支援室×宮城の新聞インタビュー
宮城の新聞×東北大学大学院 理学研究科 地学専攻 塚本研究室
宮城の新聞×生態適応グローバルCOE

おすすめ記事

【特集】宮城の研究施設

一般公開特集

【特集】仙台市総合計画審議会
参加レポート

仙台の10年をつくる

【科学】科学って、そもそもなんだろう?





【科学】カテゴリ の記事一覧

同じ取材先の記事

◆ 東北大学





取材先: 東北大学 の記事一覧


▲このページのトップHOME

科学って、そもそもなんだろう?
最新5件



カテゴリ


取材先一覧

■ 幼・小・中学校

■ 高校

■ 大学

■ 国・独立行政法人

■ 自治体

■ 一般企業・団体


宮城の新聞
仙台一高
宮城の塾
全県一学区制導入宮城県内公立高校合同説明会をレポ
宮城の人々