(16)
2018年 04月 24日 ()

HP掲載商品をすべて体験 宮城県産日本酒の利き酒会 ―宮城県酒造組合

2008年2月8日公開

 低迷する日本酒消費量の底上げを図ろうと、宮城県酒造組合は6日、県内の日本酒愛好家でつくる「日本酒サポーターズ倶楽部」会員限定の利き酒会を、県酒造会館(仙台市青葉区)で開いた。会場には、宮城県純米酒推奨審査に出品された組合加盟30社の市販酒108点が並び、参加者は真剣な表情で個々の酒の香味を確かめた。

 同組合のホームページ(HP)「みやぎの酒選り取りナビ」の掲載商品が、利き酒の対象酒。今後も3ヶ月に一度、同HP掲載情報が更新される度に、会員限定の利き酒会が開催される予定。一般的な試飲即売会とは異なり、会場で出品酒の販売等は行っていない。このような体験のみの利き酒会は、全国的にも珍しいと言う。

 同組合の伊藤謙治参事は、「この利き酒会は、HP掲載情報と酒を、お客様にダイレクトに見比べて頂く場。こういう味や香りなんだと体験を通して、情報を有効に利用して欲しい」と話す。

 県産日本酒の消費拡大に向けて、同組合は昨年11月から「みやぎ発・もっと日本酒プロジェクト」と銘打った事業を展開中。関係者によると、従来の日本酒の商品情報は「根拠のない主観的な情報」だった。そこで同組合では、客観的なデータに基づいて、製法や香り、味の濃さなどで評価する独自のガイドラインを策定。そのガイドラインを基にHPの検索機能を充実させ、消費者に幅広い日本酒の楽しみ方を提案する。同時に「日本酒サポーターズ倶楽部・宮城」を新設し、会員限定のセミナーや利き酒会を開催、蔵元と消費者の交流を図る。

 伊藤参事は「お酒の美味しさ以外のプラスアルファの部分で、ファンに還元できるものをつくれればと、日本酒サポーターズ倶楽部を立ち上げた。今後も会員向けに、積極的に情報提供をしていく予定」と話している。

 「日本酒サポーターズ倶楽部」は、20歳以上の日本酒愛好家なら誰でも入会可能。入会・年会費無料。

【大草芳江】

取材先: 宮城県酒造組合      (タグ: , ,

▲このページのトップHOME


コラボレーション

東北大学工学系女性研究者育成支援推進室(ALicE)×宮城の新聞
宮城の新聞×東北大学理学部物理系同窓会泉萩会
公益財団法人東北活性化研究センター『”キラリ”東北・新潟のオンリーワン企業』Collaboration連載企画
ハワイ惑星専用望遠鏡を核とした惑星プラズマ・大気変動研究の国際連携強化)×宮城の新聞
宮城の新聞×東北大学大学院 理学研究科 地学専攻 塚本研究室
KDDI復興支援室×宮城の新聞インタビュー
宮城の新聞×生態適応グローバルCOE

おすすめ記事

【特集】宮城の研究施設

一般公開特集

【特集】仙台市総合計画審議会
参加レポート

仙台の10年をつくる

【社会】社会って、そもそもなんだろう?





カテゴリ の記事一覧

同じ取材先の記事

取材先: 宮城県酒造組合 の記事一覧


▲このページのトップHOME

社会って、そもそもなんだろう?
最新5件

【オンリーワン企業がオンリーワンたる所以を探る Vol.15】高級小型ロックミシン市場で世界トップクラスシェア。使い勝手の良さを追求した「世界初」機能を生み出す開発力で、山形から世界へ/鈴木製作所(山形県山形市)社長の鈴木重幸さんに聞く 2018.03.26
【オンリーワン企業がオンリーワンたる所以を探る Vol.14】国内最大級の電解研磨工場と現場力で、あらゆるめっき・表面処理ニーズに応える/秋田化学工業(秋田県にかほ市)社長の丹野恭行さんに聞く 2018.03.19
【オンリーワン企業がオンリーワンたる所以を探る Vol.13】特殊カシメ接合や高効率モーターコイルのオンリーワン技術で、次世代自動車に革新/アスター(秋田県横手市)社長の本郷武延さんに聞く 2018.03.12
【オンリーワン企業がオンリーワンたる所以を探る Vol.12】超ハイエンドな技術ニーズに応え続け、超精密基板の外観検査装置で世界トップレベル/インスペック(秋田県仙北市)社長の菅原雅史さんに聞く 2018.03.05
【オンリーワン企業がオンリーワンたる所以を探る Vol.11】目には見えない膨大な積み重ねが生み出す、サンタクロース公認除雪機/フジイコーポレーション(新潟県燕市)社長の藤井大介さんに聞く 2018.02.26

■記事一覧を表示
記事カテゴリ > 社会って、そもそもなんだろう?


カテゴリ


取材先一覧

■ 幼・小・中学校

■ 高校

■ 大学

■ 国・独立行政法人

■ 自治体

■ 一般企業・団体


宮城の新聞
仙台一高
宮城の塾
全県一学区制導入宮城県内公立高校合同説明会をレポ
宮城の人々